子どもも自分も一緒に成長できる これからの親の教科書

子どもも自分も一緒に成長できる これからの親の教科書

1,650円(税込)
発売日2023年10月03日
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ atone キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784046061522
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 192ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 15.5 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

親が変われば子どもも変わる! すべての親が読むべき必読書!

「なんで塾に行かないの!」
「勉強しなさい!」
「ゲームばっかりして……」

親なら、一度はそうした言葉を子どもに投げかけた経験がある方も多いかもしれない。
けれど、子どもは本当に勉強していないのか。なぜ塾に行かなければいけないのか。
そもそも親自身が「〜しなければならない」という考えに縛られているのではないだろうか。

時代が変われば、子どもに必要な能力も変わる。
社会が変われば、子どもの思考も変わる。
世界が身近になれば、子どもの視野も変わる。

本書は、そうした社会変化を鑑みながら、世界と日本を比較し、「〜しなければならない」といったマインドブロック(思い込み)をはずし、
子どもも親も一緒に成長できる秘訣を紹介する一冊。

著者は、ディリーゴ英語教室の代表を務める廣津留真理氏。
周りに振り回されない独自の子育て・家庭学習法で娘の廣津留すみれ氏はハーバード大学首席で卒業、ジュリアード音楽院を経て現在はバイオリニストとして活動。
自身も娘の大学進学を機に起業し、現在の英語塾を運営している。

そんな廣津留真理氏が、かつての経験を軸に、また現在サマースクールなどで接するハーバード生や若者などとの交流から得た知見を活かして、
これからの親が身につけるべき考え方を紹介する。

今は父親も母親も、働きながら子どもを育てなければならない、大変な時代かもしれない。
けれど、そんなときだからこそ、何かをあきらめるのではなく、子どもも自分も家族みんなで「自分らしい生き方」をすることが大切。
すぐには無理かもしれないけれど、本書を読めば、きっと幸せな未来に変わるに違いない。

著訳者プロフィール

●廣津留 真理:ディリーゴ英語教室代表/一般社団法人Summer in JAPAN(SIJ)代表理事兼CEO/株式会社ディリーゴ代表取締役。一人娘のすみれさんは、大分の公立高校から留学経験なしでハーバード大学に現役合格&首席卒業。家庭内での学習指導経験を踏まえて編み出した独自の「ひろつるメソッド」を確立。英語教室やセミナーにてのべ1万人以上を指導。また、現役ハーバード生が講師陣のサマースクールSummer in JAPANは、2014年、経済産業省の「キャリア教育アワード奨励賞」受賞。

目次

第1章 その悩み、実はただの「思い込み」なだけ
第2章 限りある時間をやるくりする方法
第3章 学校で習わないけど大切な「お金の使い方」
第4章 子育てが終わったあとにどう生きるか
第5章 親も子も一緒に成長するか「人生は楽しい」
最近チェックした商品