ネバーブルーの伝説

ネバーブルーの伝説

1,870円(税込)
発売日2023年07月21日
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ atone キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784041136355
  • サイズ : 四六判 変形 総ページ数: 288ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 132 × 188 × 17.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

「火狩りの王」シリーズの著者が綴る、ペンとインクの冒険ファンタジー!

「書物に仕えることが僕たちの仕事だ。書き残そう。二度とまちがえないように」

アスタリット星国で写本士見習いとして働く15歳のコボル。
写本士の仕事は、数年に一度起きる災害“塵禍”や戦争で滅びた他国から本を救出して正確に書き写し、文化をつないでいくことだ。
コボルは塵禍に見舞われた隣国・メイトロン龍国へ、仲間たちと初の任務に赴く。
龍の伝説が残るメイトロン龍国を調査するうち、アスタリット星国が隠していた真実を知ってしまったコボルたちは、孤独な戦いへと身を投じることになるが――。

圧倒的なスケールと文学的モチーフで構築される
胸が高鳴る冒険ファンタジー、開幕!

著訳者プロフィール

●日向 理恵子:1984年、兵庫県生まれ。児童文学作家、日本児童文学者協会員。「雨ふる本屋」シリーズなど児童書のジャンルで活躍する中、2018年に冒険ファンタジー『火狩りの王〈一〉 春ノ火』を刊行、同作は全5作のシリーズとなりのちにアニメ化するなど大きな話題となる。他の著書に「すすめ!図書くらぶ」シリーズ、『魔法の庭へ』『日曜日の王国』など多数。

目次

第1章 アスタリットの写本士
第2章 最初の禍
第3章 青い書き置き
第4章 逃亡
第5章 龍の行く道 
第6章 密猟者
第7章 玻璃の宮
第8章 ここにしかない青
最近チェックした商品