私たちは何を知らないのか 宇宙物理学の未解決問題

NEW

私たちは何を知らないのか 宇宙物理学の未解決問題

訳者: 長尾 莉紗
訳者: 北川 蒼
2,200円(税込)
発売日2024年04月02日

数量:

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ atone キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784041136546
  • サイズ : 四六判 変形 総ページ数: 272ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 132 × 188 × 10.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

私たちはどこから来て、どこへ行くのか――宇宙論はここまで迫った!

科学における最も重要な言葉の一つが「わからない」だ。わからないことがわかっている、すなわち「既知の未知」であるからこそ、探求することが可能であり、発見の可能性を持つ(「未知の未知」では探求の機会を持つことができない)。
宇宙物理学は過去500年ほどで飛躍的な進化を遂げたが、「私たちはどのように生まれたのか」などの深遠な問いにどこまで迫れたのか。世界的に有名な理論物理学者が、宇宙論の既知の未知を「時間」「空間」「物質」「生命」「意識」と5つの章に分けて探求。今後数十年の科学が追うであろう内容は驚きと興奮に満ちており、私たちの思考を深め、世界の見方も一変させてくれる。
原題… The Known Unknowns: The Unsolved Mysteries of the Cosmos: A Brief Account of What We Know and What We Don't Know About the Cosmos
著者名…LAWRENCE M. KRAUSS

著訳者プロフィール

●ローレンス・クラウス:1954年生まれ。宇宙物理学者。アリゾナ州立大学やイエール大学の教授などを歴任。アリゾナ州立大学にて人類の起源を探求する「オリジンズプロジェクト」を創設し率いる。2012年には全米科学審議会から「公益賞」を授与された。著書に『宇宙が始まる前に何があったのか?』(文春文庫)、『偉大なる宇宙の物語』(青土社)ほか。
●長尾 莉紗:早稲田大学政治経済学部卒。英語翻訳者。訳書に『確率思考』(日経BP)、『フェイスブックの失墜』『約束してくれないか、父さん』『イスラエル諜報機関 暗殺作戦全史』(以上共訳、早川書房)、『約束の地』『マイ・ストーリー』(以上共訳、集英社)、『カリスマCEOから落ち武者になった男』(共訳、ハーパーコリンズ・ジャパン) など。
●北川 蒼:早稲田大学法学部卒。英語翻訳者。訳書に『グレート・ナラティブ』(日経ナショナル ジオグラフィック)、『グレートメンタルモデル』(サンマーク出版)、『ドローン情報戦』(原書房)、『宇宙の地政学』『ヒトラーの特殊部隊 ブランデンブルク隊』(以上共訳、原書房)、『フェイスブックの失墜』(共訳、早川書房)がある。

目次

はじめに

1 時間
時間は根源的か、幻想か
アインシュタインの類まれなる問いかけ
時間の進みの違いが観測された
重力の極限では何が起きるのか
ブラックホールに落ちる人のSOS信号
ブラックホールの中では過去と未来が見える
時間はいつ始まったのか
宇宙が誕生して1秒以内に起きたこと
場が偽の真空にはまり込んでいる
宇宙は突然現れた?
時間の往復は可能なのか

2 空間
宇宙の外側には何があるのか
物理学史上最大の既知の未知、ダークエネルギー
宇宙は閉じている可能性が高い理由
宇宙研究に革命を起こした観測
微弱な重力波を捕まえた物理学者
多元宇宙のどこかに存在する私のコピー
3次元を超えた次元は隠れている?
重力が弱いのは余剰次元のせい?
ひもの大きさこそが最少スケール

3 物質
「誰がこんなものを注文したんだ?」
仮説から発見へ
中性子崩壊にまつわる謎
パウリが提唱した第三の粒子
対称性が保存されていない奇妙な粒子
自然は右と左を区別していた
ヒッグス場という考え方
ヒッグス粒子の発見と新たな謎
超対称性という考え方
分数の電荷をもつクォーク
反粒子というSFチックな存在
地球と反地球
対称性からわかる驚きの事実
四つの力以外の力はあるのか
大統一理論が抱える問題
ニュートリノが物理学研究に大貢献
量子力学の五つの特徴
物理学者も困惑する量子力学の世界
世界を支配しているのは量子力学なのか

4 生命
生命とは
生命の起源となった前駆物とは
生命の四つの要素
アミノ酸分子が左利きなワケ
RNAの世界が存在した可能性
宇宙の他の場所に生命は存在するのか
1つの隕石でクリントン大統領が会見を開く
次々と見つかる惑星
ハビタブルゾーンという領域
地球外生命体、三つの可能性
知的生命体が存在する可能性を導き出す
太陽と地球の未来
世界の終わりを科学する
知れば知るほど宇宙スケールで謙虚に

5 意識
哲学者と科学者が議論する領域
意識を定義することの困難さ
左脳と右脳の役割
危険から逃げるのは怖いからなのか
司令塔は前頭葉
場所細胞
自分は存在するのか
知的でも人工的でもない人工知能(AI)
感情を生み出す脳

エピローグ
最近チェックした商品