七帝柔道記II 立てる我が部ぞ力あり

七帝柔道記II 立てる我が部ぞ力あり

2,200円(税込)
発売日2024年03月18日

数量:

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ atone キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784041139424
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 488ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 22.5 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

前作を超える血と汗と、涙――。 最後の夏に挑む、灼熱の青春小説!

15人vs15人の団体戦「七帝柔道」。この旧七帝国大学だけの寝技中心の柔道に憧れ、増田俊也は2浪の末に北海道大学に入学した。しかしかつて無敵を誇った名門・北大柔道部は、旧七帝大同士で競う大会・七帝戦で、2年連続最下位であった。さらに増田の1年、2年の七帝戦でも1勝も出来ず、主力の上級生たちはみな引退してしまう。かつてない絶望的なチーム状況の中、果たして北大、復活なるか。副主将となった増田は主将の竜澤とともに、部内外の仲間たちに支えられながらチームを率いていく――。

あの日の少年は青年となり、因縁の戦いに向かう。
「命をかけて最下位を脱出するんだ」

著訳者プロフィール

●増田 俊也:1965年愛知県生まれ。小説家。2006年『シャトゥーン ヒグマの森』で「このミステリーがすごい!」大賞優秀賞を受賞しデビュー。12年『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』で大宅壮一ノンフィクション賞と新潮ドキュメント賞をダブル受賞。13年『七帝柔道記』で山田風太郎賞候補。他著書に『VTJ前夜の中井祐樹 七帝柔道記外伝』『北海タイムス物語』『猿と人間』など。現在、名古屋芸術大学芸術学部客員教授。
最近チェックした商品