人類を変えた7つの発明史 火からAIまで技術革新と歩んだホモ・サピエンスの20万年

NEW

人類を変えた7つの発明史 火からAIまで技術革新と歩んだホモ・サピエンスの20万年

著者: Rootport
2,200円(税込)
発売日2024年06月04日

数量:

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ atone キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784046064554
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 504ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 31.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

AIは敵か、味方か?

2023年、Chat GPTに「GPT-4」が登場し、当時、人々を大きく震撼させた生成AI。その後もAIの進化は留まるところを知りません。「AIが人間の仕事を奪う」と叫ばれて久しいですが、ではAIによって人々の生活はどのように変わるのか。「AIは敵か? 味方か?」その答えを、これまでの人類の発明の歴史から紐解くのが本書です。


ヒトだけが手に入れた「火の発明」
時間と距離をゼロにした「文字の発明」
真の破壊的イノベーションである「活版印刷の発明」
世界の在り方を変えた「科学の発明」
マルサスの罠を打ち破った「鉄道の発明」
思考を代替する「コンピューターの発明」
情報を民主化した「インターネットの発明」


人類の歴史を振り返ると、常に発明の連続でした。その発明によって、私たちの当たり前の日常が出来上がっているとも言えます。では、AIはどうなのでしょうか? 終章では「AIは敵か?」をテーマに超知能が登場した未来を考察します。

著者のRootport氏は2023年、全編を生成AIで描いた初のマンガ『サイバーパンク桃太郎』を出版。これにより、TIME誌「世界で最も影響力のある100人 AI 業界編」に選出された一人。歴史・インターネット・AIに精通する著者だから書けた20万年前から今日までの壮大な歴史巻物。

著訳者プロフィール

●Rootport:会計史研究家、ブロガー、漫画原作者。1985年、東京都生まれ。ブログ「デマこい!」を運営。2023年、商業作品としては世界初の全編AI 作画の漫画『サイバーパンク桃太郎』(新潮社)を出版。これにより、TIME 誌「世界で最も影響力のある100人 AI 業界編」に選出される。他の著書に『会計が動かす世界の歴史なぜ「文字」より先に「簿記」が生まれたのか』(KADOKAWA)、『女騎士、経理になる。』(幻冬舎コミックス)、『ドランク・インベーダー』(講談社)など。

目次

第1章 火の発明 ―― ヒトをヒトたらしめたテクノロジー
第2章 文字の発明 ―― 時間と距離をゼロにする
第3章 活版印刷の発明 ―― 真の破壊的イノベーション
第4章 科学の発明 ―― 世界を変えた印刷物
第5章 鉄道の発明 ―― マルサスの罠を打ち破る
第6章 コンピューターの発明 ―― 思考を代替するデバイス
第7章 インターネットの発明 ―― 情報の民主化の功罪
終章〈前編〉 AIは敵か? ―― 現在までの歴史と課題
終章〈後編〉 AIは敵か? ―― 超知能の登場する未来
最近チェックした商品