ただいま、憑かれています。

ただいま、憑かれています。

イラスト: 花守
748円(税込)
発売日2023年10月24日
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ atone キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784041141403
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 288ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 10.8 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

霊感女子、イケメン男子にスカウトされて霊に寄り添うお仕事はじめます!

クスッと笑えてほろりと泣ける、ときめき満載のホラーな(!?)お仕事物語!
魔法のiらんど大賞2022 小説大賞 《文芸総合部門》部門賞 受賞作。

霊を寄せやすい霊感体質のせいで、入社一年そこそこで会社を辞めることになってしまった藤間みなみは、絶賛就職活動中。
だが、やはりその体質のために面接で失敗し、公園でたそがれていたところ、超美形の青年・水城春斗(みずき・はると)からいきなり声を掛けられ、ある仕事を頼まれる。
水城は心霊関係の仕事を生業としており、みなみの強い力を見込んで、霊寄せ役として心霊調査の現場に同行すること、そしてもう一つ、水城の家にある「浄霊の部屋」の管理をして欲しいという。
その部屋は不思議な力に満ちた居心地の良い空間で、様々な理由でこの世を彷徨ってしまっている善良な霊が、心穏やかに浄化されるのを待つための場所。
霊に憑かれやすいみなみにも、うってつけの環境だという。

みなみは突然の怪しい勧誘に警戒しつつも、水城の優しい人柄とあまりのイケメンぶりに絆され、ついお試しで手伝うことを了承してしまう。
だがその矢先、彼は突然、口も態度もめっぽう悪い別人のような性格に豹変!
それというのも、水城は訳あって青年の霊・一ノ瀬悠(いちのせ・ゆう)と身体を共有し、定期的に入れ替わっているのだという。
みなみは紳士的なイケメン(ただし致命的な○○音痴)の水城と、ガサツでマイペースな悠に翻弄されながら、それぞれの事情を抱えた幽霊たちと向き合っていくことになって……?

著訳者プロフィール

●橘 しづき:小説投稿サイトを中心に活動中。2022年、「視えるのに祓えない・九条尚久の心霊調査ファイル」で第5回ホラーミステリー大賞 特別賞を受賞。23年、魔法のiらんど大賞2022小説大賞 文芸総合部門・部門賞を受賞した「ただいま、憑かれています。」でデビュー。

目次

第一章 山奥での出来事
第二章 常連客の再来
第三章 屋敷の中に棲むもの
最近チェックした商品