いずれ傾国悪女と呼ばれる宮女は、冷帝の愛し妃

いずれ傾国悪女と呼ばれる宮女は、冷帝の愛し妃

著者: 巻村 螢
759円(税込)
発売日2023年10月25日
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ atone キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784049153057
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 304ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 11.4 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

全てを奪われ追放された元公女は後宮で返り咲く――後宮シンデレラロマンス

 不吉の象徴と忌まれる白髪を持つ、林王朝の公女・紅玉。ある日彼女は、反乱で後宮を焼け出され全てを失った。
 それから五年――紅林と名乗り、貧しい平民暮らしをしていた彼女は、かつて反乱を起こした現皇帝・関ショウ(※)の後宮に入ることに。公女時代の知識を使い、問題だらけの後宮で頭角を現す紅林は、変わり者の衛兵にまで気に入られてしまう。だが彼の正体こそ、後宮に姿を現さない女嫌いと噂の冷帝・関ショウで……。
 互いの正体を知らない二人が紡ぐ、新・後宮シンデレラロマンス!

(※関ショウ:「ショウ」は「王へんに召」)

《登場人物紹介》
◆紅林
前皇帝の娘。正体を隠し、ただの宮女として静かに生きようとするが、
後宮の問題に巻き込まれては解決してしまう。

◆関ショウ
翠月国の若き現皇帝。冷帝と畏れられるが、実際は情に厚い青年。
とある理由から後宮に立ち入ろうとしない。

著訳者プロフィール

●巻村 螢:魔法のiらんど大賞2021小説大賞を受賞し、『碧玉の男装香療師は、 ふしぎな癒やし術で宮廷医官になりました。』シリーズを刊行中。
最近チェックした商品