白鳥 翔×松本吉弘 麻雀 漆黒の強者 黄金の勝筋

白鳥 翔×松本吉弘 麻雀 漆黒の強者 黄金の勝筋

著: 白鳥 翔
著: 松本 吉弘
1,980円(税込)
発売日2023年10月02日
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ atone キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784046065377
  • サイズ : A5判 総ページ数: 224ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 148 × 210 × 16.5 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

Mリーグ優勝!渋谷ABEMAS『ショウマツ』が解説する「新時代」の麻雀

Mリーグ優勝を果たした渋谷ABEMASの白鳥翔選手、松本吉弘選手が麻雀の戦術・戦略を徹底解説。
その場の状況に応じて様々なスタイルを使い分ける「ベストバランス麻雀」を得意とする『ショウマツ』コンビの強さの秘密、そして優勝までの軌跡をまとめた一冊。
優勝の立役者『ショウマツ』コンビが、Mリーグ2022-23シーズンの実戦譜と共に振り返りつつ、その局面で考えていたこと、読み、結果分析など、勝つための思考について語り尽くす。
攻めと守り、読みと牌理、ハイブリッドでベストバランスな「最適解」がここにある。
麻雀新時代を体験せよ!

著訳者プロフィール

●白鳥 翔:1986年8月27日生まれ、東京都練馬区出身。慶應義塾大学在学中に日本プロ麻雀連盟23期生としてプロデビューし、現在七段。主なタイトルは麻雀マスターズ(24期,25期)、モンド杯(第18回)、發王戦(28期)等。Mリーグでは渋谷ABEMASに所属。麻雀の実力もさることながら、奇抜なファッションやヘアースタイルでも注目を集め、明るいキャラクターとわかりやすい解説でも人気を得ている。キャッチフレーズは「麻雀ハイブリッド」「供託泥棒」など。
●松本 吉弘:1992年5月3日生まれ、神奈川県横浜市出身。青山学院大学卒業。日本プロ麻雀協会の第12期後期。25歳で發王位を獲得し、2018年からはRTDリーグへの出場を果たす。その他のタイトルにヴェストワンカップ(第6回)。Mリーグでは渋谷ABEMASに所属。手組、押し引き、副露など全ての判断に隙の無いバランス型の雀風。187cmのスラっとした体格にビシッと決めたスーツとネクタイが特徴的。その風貌からキャッチフレーズは「卓上のヒットマン」。

目次

●ショウマツ特別インタビュー
悲願の初優勝/二人の成長の軌跡
二人の出会いと第一印象/Mリーグのドラフト/Mリーグで5年間共に過ごしてお互いがどう変わったか
レギュラーシーズンのポイントの動き/トータルポイントの影響/2023-24シーズンの抱負

●CHAPTER1 Mリーグ レギュラーシーズン前半
絞りと先切り/愚形リーチの判断/バラバラ配牌の可能性/ベストバランスの真髄/相対的な速度を考える/連荘狙いか大物手狙いか/トップを守るための押し引き/場況の悪い愚形リーチの考え方/早い愚形リーチ判断/対応のホンイツ狙い/鳴き三色は損?/手役・アガリ率・放銃率のベストバランスは?

●CHAPTER2 Mリーグ レギュラーシーズン後半
愚形テンパイの押し引き/字牌か端牌か?/ドラの字牌の切りどきは?/ホンイツ狙いかリーチ狙いか/2ヘッドの選択/起死回生の倍満ツモ/ギリギリの押し引き/チャンス手をオリるべき状況とは?/メンホンへの対応/親番の悪配牌からどれくらい手なりで打つか/弘法にも筆の誤り?/消極的な親番

●CHAPTER3 Mリーグ セミファイナルシリーズ
難しい配牌何切る/どうしてもアガりたい親番の待ち取り/麻雀はメンタルゲーム/カンのしどきはいつ?/形か打点か

●CHAPTER4 Mリーグ ファイナルシリーズ
トップを取る決め手の作り方/トップで逃げ切る手牌の作り方/繊細な条件戦/テンパイからオリるべき状況とは?
最近チェックした商品