名画のひみつがぜんぶわかる! すごすぎる絵画の図鑑

NEW 予約商品

名画のひみつがぜんぶわかる! すごすぎる絵画の図鑑

監修: 川瀬 佑介
1,430円(税込)
発売日2024年05月14日

数量:

ほしいものリストに追加
※本商品は他商品との買い合わせは不可の商品です。
他の商品と同時に購入することはできませんので、ご了承ください。

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ atone キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784046065582
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 176ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 12.5 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

学校では教えてくれない!美術のすごすぎるひみつ

「なぜモナリザの絵は有名?」「ピカソって本当に絵がうまい?」など、絵画の疑問に詳しくお答えします!
国内外の美術展を詳細にレビューし、圧倒的な支持を誇る著者が「名画が名画がなぜ名画と呼ばれるのか」を解き明かしつつ、意外と知られていなエピソードをふんだんに紹介。
絵画にまつわるおもしろくてためになる知識を解説していきます。

著訳者プロフィール

●青い日記帳:Tak(タケ)の愛称でブログ「青い日記帳」を主宰。1年に300以上の展覧会に足を運んでレビューを行うほか、美術の本質を見極めながら、広くて深くてしなやかな美術鑑賞法を発信。「敷居の高かった美術鑑賞が身近になった」「絵の見方がわかるようになった」などと好評を得ている。著書に『いちばんやさしい美術鑑賞』『失われたアートの謎を解く』(ともにちくま新書)、『カフェのある美術館』(世界文化社)『美術展の手帖』(小学館)、『フェルメールへの招待』がある。
●川瀬 佑介:国立西洋美術館主任研究員。上智大学、東京藝術大学大学院を経て、ニューヨーク大学大学院美術研究所で西洋美術史を学ぶ。メトロポリタン美術館T・ルソー研究員、長崎県美術館学芸員、2012年より国立西洋美術館に勤務。主任研究員。専門は17世紀を中心とするスペイン・イタリア美術史。著書に『はじめての西洋絵画 マンガで教養』(朝日新聞出版)がある。

目次

【第1章】名画の謎、作家の秘密に迫る!
「モナリザ」「アテネの学堂」…あの名画が名画たるゆえんとは?/ゴッホの絵はなぜ生前には売れなかったのか?
【第2章】モチーフや技法に隠された秘密
西洋絵画のモデルはなぜみな無表情?/ペテロの絵にはなぜいつも「鍵」のモチーフがあるの?
【第3章】いまさら聞けない、絵画についての素朴な疑問
絵の価値はどこできまる?/作者の言いたいことはどこを見ればわかるの?
【第4章】あなたの知らない美術館の話
営業時間後の美術館で起こっていること/絵画は近くから見る? 遠くから見る? など
最近チェックした商品