スマホ断ち 30日でスマホ依存から抜け出す方法

スマホ断ち 30日でスマホ依存から抜け出す方法

訳者: 笹田 もと子
990円(税込)
発売日2024年01月10日
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ atone キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784040824932
  • サイズ : 新書判 総ページ数: 272ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 108 × 173 × 12.4 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

スマホ脳は怖い。ではどうする? 世界34か国以上で支持されたプログラム

スマホが奪った“私” を取りもどす

【“スマホ依存” の恐ろしさ】
スマホは集中力や記憶力、創造性を減衰させ、脳をむしばむ危険性があることが証明されている。だが、手放すことは難しい……。
・スティーブ・ジョブズもビル・ゲイツも子供にモバイル機器を持たせなかった。
・“脳のハッキング”:IT企業はドーパミンの仕組みを利用、スマホへの依存を高めている。
・マルチタスクは幻想――実はシングルタスクよりも処理能力は落ちている。

【正しく付きあい、本来の自分を取りもどすための無理のないノウハウを伝授!】
ニューヨーク・タイムズ紙、ワシントン・ポスト・マガジンなどで活躍する気鋭の著者が、心理学・脳科学・マインドフルネスの知見を応用し、150名の参加者とともに開発した「スマホ断ち」プログラム。デジタルデバイスの使用状況を意識化し、必要なテクノロジーだけを選別、行動の癖を矯正することで、新しい習慣に生まれ変わる。たった4週間の無理のないメニューで、脳の本来の力を取り戻す実践的ガイドブック!

【たった4週間のラクラクメニュー】
◆1週目 テクノロジーの選別
◆2週目 癖を矯正する
◆3週目 脳の力を取りもどす
◆4週目とそれ以降 新しい付きあい方をつくる

著訳者プロフィール

●キャサリン・プライス:イェール大学卒業、カリフォルニア大学バークレー校大学院を修了後、ワシントン・ポスト・マガジン、ニューヨーク・タイムズ紙などで活躍する科学ジャーナリスト。他の著書として、“VITAMANIA: How Vitamins Revolutionized the Way We Think About Food” (Penguin Books)や“The Power of Fun: How to Feel Alive Again” (The Dial Press)など。
●笹田 もと子:英日翻訳者。兵庫県出身。神戸市外国語大学国際関係学科卒業。共訳書に『算数の実験大図鑑』(新星出版社)など。
最近チェックした商品