丘の上の洋食屋オリオン

NEW

丘の上の洋食屋オリオン

著者: 沖田 円
814円(税込)
発売日2024年02月22日

数量:

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ atone キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784041143742
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 272ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 10.4 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

この味が、幸せな思い出になる――美味しくて心温まる物語

このお店の味が食べたくて、普通の日も特別な日も行きたくなる〈洋食屋オリオン〉。両親を失った少女と叔父の心をつなぐトマトソースオムライス。キャバクラでナンバーワンの女性が、素の自分に戻るためのカルボナーラ。高校時代、友人と夢を語りながら食べた煮込みハンバーグ。シェフのくるみが作る料理は、祖母から受け継いだ味を守りながら、今日も常連客たちを温かい幸せで満たす。人生のほろ苦さと喜びを丁寧に紡ぐ物語。

著訳者プロフィール

●沖田 円:愛知県安城市出身。2012年『一瞬の永遠をキミと』で作家デビュー。2015年に刊行した『僕は何度でも、きみに初めての恋をする。』は累計25万部を突破し、2022年に単行本が刊行された。2018年『千年桜の奇跡を、きみに〜神様の棲む咲久良町〜』(原題『咲久良町シンフォニー』)がポプラ社ピュアフル小説大賞で金賞受賞。10代の読者から圧倒的な支持を得ている。著書に、『雲雀坂の魔法使い』『春となりを待つきみへ』『神様の願いごと』『喫茶とまり木で待ち合わせ』『怪異相談処 がらくた堂奇譚』など多数。

目次

開店準備
第一話 世界で一番のトマトソースオムライス
第二話 わたしとカリカリパンチェッタのカルボナーラ
第三話 過ぎた日の煮込みハンバーグ
第四話 きみとベビーリーフのシーザーサラダ
第五話 三つ星のレシピとぼくらの話
閉店時間
最近チェックした商品