維新変革の奇才 横井小楠

NEW

維新変革の奇才 横井小楠

3,960円(税込)
発売日2024年03月29日

数量:

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ atone キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784041144015
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 640ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 35.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

自筆史料を含む新発見史料を駆使し、学問と思想と経綸の実像に迫る

民を慈しみ、世界の模範となる日本を目指した大思想家。吉田松陰、坂本龍馬ら、英傑たちが畏れた幕末維新のキーパーソン。書翰や自筆草稿など、新出史料から新たな人物像を描く。

小楠の生きた人生六〇年は、日本の維新変革過程にすっぽりおさまり、日々激しく変化する中にあった。欧米列強の日本への開国要求は、あるいは日本の植民地化を招くかもしれない。そのような現実と向き合いながら、思想形成をしていく姿を、具体的に追いかけた。
小楠自筆史料を含む、豊富な新発見史料を駆使して、小楠の学問と思想と経綸の実像に迫りたいと思う。そして新しい国家と社会が模索され続けた維新変革過程に、小楠がいかに主体的に生きようとしたのか、その具体的な姿を描き出したい。(はしがきより、一部抜粋)

著訳者プロフィール

●猪飼 隆明:1944年、福井県生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。熊本大学文学部教授・大阪大学大学院教授を経て、大阪大学名誉教授。著書に、『ビギナーズ日本思想 新版南洲翁遺訓』(角川ソフィア文庫)、『近代日本におけるハンセン病政策の成立と病者たち』(校倉書房)、『西南戦争 戦争の大義と動員される民衆』(吉川弘文館)、『西郷隆盛‐西南戦争への道‐』(岩波新書)、『熊本の明治秘史』(熊日新書)、『「性の隔離」と隔離政策 ハンナ・リデルと日本の選択』(熊本出版文化会館)など多数。

目次

はしがき

1 小楠の思想形成の序幕
2 江戸遊学と失意の帰国
3 実学党の結成と熊本藩政
4 ペリー来航と開国論
5 福井藩に活動の舞台を与えられて
6 文久期の幕政改革と横井小楠
7 沼山津に閑居
8 維新政権と横井小楠
補論
あとがき
年譜
索引
最近チェックした商品