僕以外、知的障害の家族がようやくたどり着いた「幸せ」の形 限界ギリギリ家族

NEW

僕以外、知的障害の家族がようやくたどり着いた「幸せ」の形 限界ギリギリ家族

1,650円(税込)
発売日2024年03月22日

数量:

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ atone キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784046066275
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 240ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 17.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

倒れたら家庭崩壊!? なのでパパは息だけ吸って生きることにした。

パパが倒れたら家庭崩壊!? なので息だけ吸って生きることにした。

やすファミリーは4人家族。パパ以外は、全員知的障害です。
ママと娘の姫ちゃんは中度知的障害。息子の翔くんは重度知的障害。
なので、家族は買い物はおろか銀行でお金をおろしたり
料理をしたりできないので、パパが倒れたら一気に生活が
立ち行かなくなります!!
そこでパパは今日も最低限のことだけやって
ハードル低めに、息だけ吸って生きることを決めました。

一度は家庭崩壊したからこそ、家族のありがたみを知っているやすパパ。
どんなに大変でも、やっぱりパパは家族といたいという気持ちが強いのです。
この本は、知的障害をはじめ場面緘黙、自閉症、解離性障害、失笑恐怖症、
自閉症のこだわりを持つ家族とともに歩むパパの奮闘を描いたエッセイです。

パパ自身も、重症筋無力症という、筋肉を動かす力が弱くなる難病を抱えています。
それでも、家族が離れたら自分の幸せはない!!と、今日もみんなの笑顔のために
一生懸命、ワンオペで働いています。

「ワンオペ歴23年目に突入しました。無理は禁物です。byやすパパ」

そんな限界ギリギリすぎる家族の絆や自閉症・知的障害を持つ子供の育児、
家族の在り方などをリアルにお届け。






著訳者プロフィール

●佐藤 靖高(やすパパ):1969年生まれ。育児放棄気味の家庭で育ち、中学卒業とともに寮付きの工場に就職。31歳の時に結婚し、2001年に長男、2006年に長女が誕生し、長男と妻が知的障害の診断を受ける。2010年頃から自身にも精神疾患の症状が出始め、その後「混合性不安抑うつ障害」と診断される(2012年に障害者手帳3級取得)。家庭が崩壊、家族4人がバラバラの生活になる。2016年、福島県平田村に移住。2018年からTikTok、2020年にYouTube「Yasu familyチャンネル」を始動。
最近チェックした商品