恋する文化人類学者 結婚が異文化をつなぐとき

NEW 予約商品

恋する文化人類学者 結婚が異文化をつなぐとき

1,694円(税込)
発売日2024年03月22日

数量:

ほしいものリストに追加
※本商品は他商品との買い合わせは不可の商品です。
他の商品と同時に購入することはできませんので、ご了承ください。

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ atone キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784044008086
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 400ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 14.8 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

私と彼女のフィールドワークーー結婚相手は、アフリカのアイドルだった。

研究者の卵として、ストリート音楽をフィールドワークするためにアフリカに渡った著者。そこで出会ったのは音楽を生業とする一人の少女だった。未知の文化との遭遇、共感、そして結婚ーー。「他者とつながるためには、一度、自分の殻を壊す必要がある。それは痛みを伴う」。自らの経験を素材として文化人類学へと誘う体験的入門。来日した妻と、ふたつのルーツをもつ娘との日常を綴った補章「ラブロマンスのゆくえ」を収録。

著訳者プロフィール

●鈴木 裕之:1965年生まれ。慶応義塾大学出身、文化人類学専攻。現国士舘大学法学部現代ビジネス法学科教授。
研究キーワード:アフリカ文学・アフリカ音楽・文化人類学。
主な著書:『ストリートの歌 : 現代アフリカの若者文化』世界思想社(2000)(共著)『アフリカン・ポップス!:文化人類学からみる魅惑の音楽世界』明石書店(2015)

目次

イントロダクション
第一章 私と彼女と文化人類学
第二章 私は誰?ーー個人と民族
第三章 声の文化、音の文化
第四章 時代は変わるーー国家の内と外
第五章 結婚の申し込みーー女性の交換?
第六章 結婚式ーーヴァージョンの儀式
第七章 あたらしい家族ーー親族関係の機微
第八章 文化人類学とともに
補 ラヴ・ロマンスのゆくえ

あとがき
文庫版へのあとがき
参考文献
索引
最近チェックした商品