光源氏ものがたり 上

out_of_stock

光源氏ものがたり 上

1,056円(税込)
発売日2023年12月22日
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ atone キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784041146231
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 496ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 18.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

光源氏の波瀾万丈の人生を楽しく読み解いた、源氏物語入門書。

桐壺から真木柱まで。元祖イケメン光の君の、幼少期〜源氏38歳の冬までを収録、波瀾万丈のストーリーを楽しく読み解いた源氏物語入門書。古典文学に造詣が深く、男女の機微に鋭い田辺聖子が、田辺ことばで綴る魅力満載の現代語訳。

著訳者プロフィール

●田辺 聖子:1928年、大阪市生まれ。樟蔭女子専門学校卒業。64年『感傷旅行』で芥川賞、87年『花衣ぬぐやまつわる……』で女流文学賞、93年『ひねくれ一茶』で吉川英治文学賞を受賞。『むかし・あけぼの』『ジョゼと虎と魚たち』『田辺聖子の小倉百人一首』など著作多数。

目次

京はるあき
王朝まんだら
光源氏の生い立ち 「桐壺」「帚木」
青春の恋と悲しみ 「空蝉」「夕顔」
青春彷徨 「若紫」「末摘花」
宴は果てず 「紅葉賀」「花宴」
車争い 「葵」
秋のわかれ 「賢木」「花散里」
流人のあけくれ 「須磨」「明石」
都へ――春たちかえる 「澪標」「蓬生」「関屋」
明石のちい姫 「絵合」「松風」
あるかなきかの朝顔 「薄雲」「朝顔」
稚いはつ恋 「少女」
忘れ形見の姫 「玉鬘」
六条院・春から夏へ 「初音」「胡蝶」「蛍」
六条院・夏から秋へ 「常夏」「篝火」「野分」
うたかたびとの運命 「行幸」「藤袴」「真木柱」
最近チェックした商品