かぞえきれない星の、その次の星

NEW

かぞえきれない星の、その次の星

著者: 重松 清
836円(税込)
発売日2024年06月13日
販売不可商品
ほしいものリストに追加

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ atone キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784041148556
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 352ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 13.2 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

笑いながら泣いてて、心の中では、もっと泣いてた。

出張先から帰れなくなり、幼い娘と毎日画面越しに会話する父親。
3年前に母を亡くし、新しいママと初めて迎えるお盆に戸惑う少年。
母の都合で転校をくり返しながら、ミックスルーツである自分へと向けられる言葉に悩む少女。
いじめを見て見ぬふりしていたことを、偶然出会ったおじさんに言い当てられてしまった中学生――。

ままならない現実を生きる人たちのさみしさを、ちょっとフシギなやさしさで包み込む、11の物語。

著訳者プロフィール

●重松 清:1963年、岡山県生まれ。出版社勤務を経て執筆活動に入る。91年『ビフォア・ラン』でデビュー。99年『ナイフ』で坪田譲治文学賞、『エイジ』で山本周五郎賞、2001年『ビタミンF』で直木賞、10年『十字架』で吉川英治文学賞、14年『ゼツメツ少年』で毎日出版文化賞を受賞。話題作を次々に刊行する傍ら、ルポルタージュやインタビューなども手がける。『定年ゴジラ』『流星ワゴン』『疾走』『きよしこ』『その日のまえに』『きみの友だち』『みぞれ』『とんび』『木曜日の子ども』『カモナマイハウス』等著書多数。

目次

こいのぼりのナイショの仕事
ともしび
天の川の両岸
送り火のあとで
コスモス
原っぱに汽車が停まる夜
かえる神社の年越し
花一輪
ウメさんの初恋
こいのぼりのサイショの仕事
かぞえきれない星の、その次の星

文庫版のためのあとがき
最近チェックした商品