じつは義妹でした。7 〜最近できた義理の弟の距離感がやたら近いわけ〜

NEW

じつは義妹でした。7 〜最近できた義理の弟の距離感がやたら近いわけ〜

イラスト: 千種 みのり
858円(税込)
発売日2024年04月19日
販売不可商品
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ atone キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784040754147
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 328ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 15.4 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

ASMRボイスドラマ同時発売! 重版続々、大ヒット中!

<コミカライズも重版続々 & ASMRボイスドラマも発売予定!>

俺と晶が兄妹になって、もうすぐ1年。
高3になった俺は晶の兄として、仕事のサブマネージャーとして順調に……

「兄貴。好きだから、ちゅーしたい」
「流石にダイレクトすぎ!?」

すべての距離が縮まって、理性が限界を迎えていた!
そんななか俺にも修学旅行の時期がきて、晶と数日間離れ離れ……
かと思いきや、目的地は健さんと晶のお仕事ロケ先と同じ!? しかもなぜか晶・結菜と温泉混浴!? 
ハプニングだらけだけど、日常から離れた場所での、2人きりの兄妹デートにドキドキ。

そして旅の最後に明かされるのは衝撃の事実と結末。妹か、恋人か、それとも――
兄妹関係、ついに一線を超え始める!?

著訳者プロフィール

●白井 ムク:第9回講談社ラノベ新人賞にて「俺がピエロでなにが悪い!」で佳作受賞。同作でデビュー。
最近チェックした商品