隣の席の高嶺の花は、僕の前世の妻らしい。 今世でも僕のことが大好きだそうです。

NEW

隣の席の高嶺の花は、僕の前世の妻らしい。 今世でも僕のことが大好きだそうです。

著者: 渡路
イラスト: 雨傘 ゆん
770円(税込)
発売日2024年06月20日
販売不可商品
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ atone キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784040754895
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 310ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 14.6 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

学校一の美人から身に覚えのない理由で迫られてます。どうしよう。

「わたし達、今世でも結婚の約束したもんね!」「知らない過去の捏造やめて!?」

学校一の美少女、あるいは開校以来の才媛と言われる神騙かがり。そんな彼女が隣の席になったとたん、僕の「前世の妻」を自称して突然迫ってくるようになった。
戸惑う僕を意に介さず、神騙は突然腕に抱き着いてきたり、手料理を食べさせてくれたり、流れで放課後デートへ繰り出すことになったりと、僕の生活にぐいぐい入り込んできて――。

「一緒にいればいるほど、その人に自然と心を許しちゃうの。だから私は邑楽くんとずっと一緒にいるんだよ!」
「思考はぶっ飛んでるくせに、理論的に落としに来るんじゃないよ……!」

どこかズレた二人による、少し不思議なラブコメが登場です!
最近チェックした商品