巷説百物語

巷説百物語

闇の江戸、跳梁跋扈する怪、そして、妖しを斬る影――傑作妖怪時代小説。
著者: 京極 夏彦
装丁: FISCO
定価: 778円(税込み)
発売日:2003年06月25日
江戸時代。曲者ぞろいの悪党一味が、公に裁けぬ事件を金で請け負う。そこここに滲む闇の中に立ち上るあやかしの姿を使い、毎度仕掛ける幻術、目眩、からくりの数々。幻惑に彩られた、巧緻な傑作妖怪時代小説。
  • ISBN コード : 9784043620029
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 530ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 18.5 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●京極 夏彦:1963年北海道生まれ。94年、かねてよりアイデアを温めていた妖怪小説『姑獲鳥の夏』で鮮烈なデビューを飾る。『魍魎の匣』で日本推理作家協会賞、『嗤う伊右衛門』で泉鏡花文学賞をそれぞれ受賞。
送料無料

数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品