新古今和歌集 下

out_of_stock

新古今和歌集 下

訳注: 久保田 淳
1,210円(税込)
発売日2007年03月24日
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ atone キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784044001032
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 480ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 17.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

文庫でこれほどの内容! 最高の著者を得ておくる、新古今和歌集の決定版。

中世に花開いた独特の美意識による勅撰集『新古今和歌集』。その成果は空前絶後の高峰です。百人一首に選ばれた「玉の緒よ絶えなば絶えねながらへば忍ぶることのよわりもぞする式子内親王」や、「幾夜われ波にしをれて貴船川袖に玉散る物思ふらむ藤原良経」など、華麗な言葉でつむがれた名歌の宝庫です。下巻には、古典和歌の華である、恋の歌を中心に雑歌・神祇歌・釈教歌、約千首を収載。最新の成果を取り入れた決定版。

著訳者プロフィール

●久保田 淳:1933年生まれ。東京大学名誉教授。著書に『富士山の文学』(文春新書)『隅田川の文学』(岩波新書)『新古今和歌集全評釈』(講談社)『中世和歌史の研究』(明治書院)など多数。『新日本古典文学大系』(岩波書店)監修者、『和歌文学大系』(明治書院)編集委員。

目次

凡例

真名序
 ◇本文
 ◎注解
 ◆語釈
仮名序
 ◇本文
 ◆語釈

巻第一 春歌上
 ◇本文
 ◆通釈
巻第二 春歌下
 ◇本文
 ◆通釈
巻第三 夏歌
 ◇本文
 ◆通釈
巻第四 秋歌上
 ◇本文
 ◆通釈
巻第五 秋歌下
 ◇本文
 ◆通釈
巻第六 冬歌
 ◇本文
 ◆通釈
巻第七 賀歌
 ◇本文
 ◆通釈
巻第八 哀傷歌
 ◇本文
 ◆通釈
巻第九 離別歌
 ◇本文
 ◆通釈
巻第十 羇旅歌
 ◇本文
 ◆通釈

作者略伝
最近チェックした商品