乱気流 下 小説・巨大経済新聞

乱気流 下 小説・巨大経済新聞

日本経済をリードした第4権力は、こうして自浄力を失った! 力作長編。
著者: 高杉 良
定価: 761円(税込み)
発売日:2012年05月25日
圏外と目されていた宇野は東経産新聞の社長に就任するやワンマン化し、役員たち周囲のゴマすりが社の腐敗を進行させる。子会社の手形流出という事態に、自浄力を示そうと立ち上がる記者。マスコミ界に迫る長編。
  • ISBN コード : 9784041002971
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 432ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 15.5 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●高杉 良:1939年東京都生まれ。専門紙記者、編集長を経て、75年『虚構の城』でデビュー。以後、企業・経済小説を次々に発表。映画化もされた『金融腐蝕列島』のシリーズは、金融不祥事に始まるバブル以降の金融界を克明に描き話題に。作品は他に『小説日本興業銀行』『青年社長』など。
送料無料
ほしいものリストに追加

同じシリーズの別の作品を見る

電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品