皇居から原発まで、日本の「タブー」を潜り続けた男 潜り人、92歳。

out_of_stock

皇居から原発まで、日本の「タブー」を潜り続けた男 潜り人、92歳。

著者: 大崎映晋
1,620円(税込)
発売日2012年05月21日
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784404041982
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 288ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 131 × 188 × 0.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

水中写真家・水中考古学者である著者が、皇居のお堀から沈没船、さらには東海村・浜岡の原発まで「潜る」仕事を通して日本各地を覗いてきた、その記録と貴重な証言の数々をまとめた自伝。
最近チェックした商品