ヒマラヤの風にのって 進行がん、余命3週間の作家が伝えたかったこと

ヒマラヤの風にのって 進行がん、余命3週間の作家が伝えたかったこと

1,620円(税込)
発売日2012年07月30日
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784041102671
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 224ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 0.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

「私はこの度、死んでしまいました」――衝撃の言葉の裏にあった思いとは。

吉村達也が最期の日の直前まで書き続けた「ヒマラヤノート」。そこには人生を閉じようとする者、愛する家族への力強いメッセージが記されていた。闘病の経過と彼が伝えたかった思いが込められた1冊。

著訳者プロフィール

●吉村 達也:1952年生まれ。ニッポン放送、扶桑社を経て90年より専業作家。朝比奈耕作、氷室想介、志垣警部といったミステリーシリーズの他、ホラー作品も多数執筆。角川ホラー文庫の代表作に『ボイス』『姉妹』『初恋』『ケータイ』『トンネル』『ビンゴ』などがある.
最近チェックした商品