関東軍とは何だったのか 満洲支配の実像

関東軍とは何だったのか 満洲支配の実像

戦後70年を機に振り返る日本型組織の典型例である関東軍の興亡の歴史
著者: 小林英夫
定価: 2,700円(税込み)
発売日:2015年03月19日
関東軍の実態は、単なる軍団ではなく、その出発当初から政治や外交に深く関与し、本国の指針とは別に独自の判断で、満洲を運営していた政治軍団であった。彼らの特殊性と暴走を許した謎に迫る。
  • ISBN コード : 9784046011305
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 256ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 22.5 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●小林英夫:1943年東京生まれ。早稲田大学アジア太平洋研究センター教授。専攻は、日本近現代経済史、アジア経済論。著書に『「大東亜共栄圏」の形成と崩壊』『「日本株式会社」を創った男‐‐宮崎正義の生涯』『満鉄‐‐「知の集団」の誕生と死』『戦後アジアと日本企業』など。
送料無料
ほしいものリストに追加

同じ著者の別の作品を見る

電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品