ママ友がこわい 子どもが同学年という小さな絶望

ママ友がこわい 子どもが同学年という小さな絶望

1,100円(税込)
発売日2015年08月28日

数量:

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784040677897
  • サイズ : A5判 総ページ数: 144ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 148 × 210 × 12.2 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

卒業したと思ったスクールカーストが、ママになったらまた再開

夫と子供の3人で、郊外に暮らす主人公。 穏やかで緩やかな幼稚園ママの幸せだった日々が、親友だと思っていたママ友の、ある心境の変化で崩れ去っていく・・・。ママであることは楽しくて幸せなはずなのに、なんでこんなに孤独で不安でしんどいの? 子育てママたちが抱える心の闇を描いた、セミフィクションコミックエッセイ。

著訳者プロフィール

●野原 広子:メディアファクトリーコミックエッセイプチ大賞受賞。著作に『娘が学校に行きません』『離婚してもいいですか?』(KADOKAWA)など。 http://ameblo.jp/nohahiro/野原広子ブログ『いまさら娘に伝えたい100のこと』

目次

STAGE 1 「いったいなんでこんなことになってしまったんだろう」
STAGE 2 「幸せなはずなのにどうして孤独だと思ってしまうんだろう」
STAGE 3 「こんなことで自分をなくすなんてもったいない」
STAGE 4 「あなた幸せなんだからすこしくらいぶつけたっていいでしょ」
STAGE 5 「子どもがいなければ絶対仲良くならなかった」
最近チェックした商品