よくわかる人工知能 最先端の人だけが知っているディープラーニングのひみつ

よくわかる人工知能 最先端の人だけが知っているディープラーニングのひみつ

ディープラーニング(深層学習)の最先端を知ることは現代の教養だ
著者: 清水 亮
定価: 1,836円(税込み)
発売日:2016年10月17日
コンピュータがプロの囲碁棋士を破り、世界中が注目する人工知能。トヨタ、東大、スーパーコンピュータ開発の最先端研究者がはじめて語る、人工知能ビジネスのリアルな「今」と、2025年の未来を先取りする一冊。
  • ISBN コード : 9784048922333
  • サイズ : B6判 総ページ数: 328ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 182 × 21.5 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●清水 亮:株式会社UEI代表取締役社長兼CEO。株式会社ドワンゴ会長室第三課長を兼務。深層学習を中心とした人工知能の研究開発を専門とし、自らプログラミングも行う。2005年、情報処理推進機構より天才プログラマー/スーパークリエイターとして認定される。

第一章 人工知能と深層学習のいま

 なぜ深層学習が革命的なのか?
 対談 松尾 豊(東京大学大学院 工学系研究科 技術経営戦略学専攻 特任准教授)

第二章 深層学習はビジネスをどう変えるか?

 4大IT企業がこぞって公開する
 深層学習フレームワークのねらい
 対談 岡島博司(元トヨタ・リサーチ・インスティテュート エグゼクティブ・リエゾン・オフィサー)
 深層学習戦争の鍵を握るハードウェア
 対談 村上真奈(NVIDIA社ディープラーニングソリューションアーキテクト兼CUDAエンジニア)
 劇的な進化を続ける深層学習用ハードウェアと課題

第三章 最新のAIはどこまでできるのか - インテリジェント・オブ・シングス 知性化するモノの正体 -

 ヒューマン・エンハンスメントとしてのAI
 コンピュータ・グラフィックスとAIの相克性
 CGを生成して騙そうとするAIと、騙されないように見抜くAIの対決
 予測する人工知能
 写真を説明するAI、説明から写真を描き出すAI
 アートとしてのAI
 データマイニングと人工知能 
 対談 田島 玲(ヤフージャパン研究所 所長)

第四章 人工知能は意識を持つのか?

 深層強化学習を応用した超人工生命LIS
 意識は全て幻想である - 受動意識説 -
 対談 前野隆司(慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科 研究科委員長・教授)
 対談 満倉靖恵(慶應義塾大学 理工学部システムデザイン工学科 准教授)

第五章 ディープラーニングの先にあるもの

 世間話から哲学的な問いまで会話で答える人工知能
 汎用人工知能(AGI)とは?
 対談 山川 宏(ドワンゴ人工知能研究所 所長)
 人工超知能(ASI)はいかにして出現するか?
 対談 齊藤元章(PEZY Computing 創業者・代表取締役社長)

あとがき


送料無料

数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品