ミャンマー権力闘争 アウンサンスーチー、新政権の攻防

ミャンマー権力闘争 アウンサンスーチー、新政権の攻防

東南アジア「最後のフロンティア」の最新情報をジャーナリストが追った!
定価: 1,620円(税込み)
発売日:2017年02月02日
東南アジア「最後のフロンティア」、ミャンマー。
その実験を握る者は、いったいどういう人物なのか?
民主化、市場開放の行方は??

ミャンマー、ノーベル平和賞受賞者のアウンサンスーチーが実権を握る新政権が誕生した国。長きにわたる軍事政権からの転換により、
民主化だけでなく、東南アジア「最後のフロンティア」として経済の伸張にも目が注がれている。
軍事政権の度重なる弾圧に耐え続けたアウンサンスーチーの人気は、もはや宗教的な崇拝に近い。だが、外交関係者からは「頑固」との声も漏れる。
その力量は、まだベールに包まれている。
日本、英国、ミャンマーで彼女の知人や友人を訪ね、知られざる素顔に迫り、四半世紀に及ぶ国軍との「権力闘争」の行方を占う!!

一人の女性は、偶像(アイドル)を経て国家の頂点に立った。
新たな独裁者か、偉大な改革者か!?
元駐ミャンマー大使も称賛するジャーナリストの取材力で迫る!!

【目次】

序章 「英雄か、独裁者か」

第一章 「闘争の幕開け」

第二章 「日本軍が育てた英雄」

第三章 「英国とビルマの狭間で」

第四章 NLD結党秘話

第五章 自宅軟禁

第六章 解放

終章 最後の闘い

あとがき
  • ISBN コード : 9784041048320
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 228ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 13.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●藤川 大樹:東京新聞記者。1980年、静岡県静岡市生まれ。東京外国語大学外国語学部卒業。2004年、中日新聞入社。中日新聞東京本社(東京新聞)経済部、外報部などを経て、現在は社会部。共著に『朝鮮半島で迎えた敗戦−在留邦人がたどった苦難の軌跡』(大月書店)がある。
●大橋 洋一郎:東京新聞記者。1967年、愛知県半田市生まれ。京都大学法学部卒業。1992年、中日新聞入社。中日新聞東京本社(東京新聞)政治部、名古屋本社社会部、経済部などを経て、現在はバンコク支局。

序章 「英雄か、独裁者か」
権力闘争/英雄の娘/期待はもはや理屈ではなかった/権力志向
第一章 「闘争の幕開け」
些細なケンカ/「針一本が落ちても、ネーウィンの耳に入る」/「私達の人生が、永久に変わってしまう予感がしました」/雨上がりの決断/ドラム缶の演台で初演説/「空が落ちてくるのではないか」と思うほどの大歓声
第二章 「日本軍が育てた英雄」
悲劇の英雄/南機関/「三十人の志士」/稲妻将軍/後日談/ビルマ刀は切断された/ファザコン/「あなたの言う民主化とは何ですか」
第三章 「英国とビルマの狭間で」
母のスパルタ教育/ミッション・スクールの仏教徒/本の虫/ミャンマーの価値観は捨てない「文化のミックス」/「あと、十ポンドしかない。どうしよう」
第四章 NLD結党秘話
足並みの乱れ/軍事クーデター/NLD結党/十九年間、刑務所に収監された男/「アマ−、お願いだから、行かないでください」/軍事政権と真っ向から対立する
第五章 自宅軟禁
最愛の夫との別れ/「キンニュンは話の通じる人でした」/和解の頓挫/アウンサンスーチ−暗殺未遂事件/キンニュン失脚す/アウンサンスーチーの料理人
第六章 解放
突然の首都移転/極秘のシュエマン報告書/最後の解放と焦り/番狂わせ/改革は予想を裏切った/多重為替の撤廃、市場化が始まる/国軍の暗闘
終章 最後の闘い
協力者/粛正/独裁的に党は運営されている/厳しい洗礼を欧米メディアや人権団体から浴びる/「NLDメンバーはみな、ボランティアで政治活動をやっています」/勝利の確信/小指のインクは熱狂の余韻を宿した/最後の闘い
あとがき


送料無料

数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品