角川まんが学習シリーズ 日本の歴史 別巻 よくわかる近現代史3 現代日本と世界

角川まんが学習シリーズ 日本の歴史 別巻 よくわかる近現代史3 現代日本と世界

監修: 山本 博文
880円(税込)
発売日2018年02月15日

数量:

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784041049389
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 224ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 15.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

日本と世界の近現代史を、小学生から面白く読める学習まんが、登場!

歴史学習の現場で年々重要度を増している近現代史に焦点を当て、
第一次世界大戦から現代までを、全3巻でじっくりしっかり描く『日本の歴史 別巻 よくわかる近現代史』、第3巻「現代日本と世界」。

第二次世界大戦後、アメリカを中心とする資本主義陣営と、ソ連を中心とする社会主義陣営に分かれて対立する“冷戦”により、世界の緊張は高まりました。
戦後の日本は、高度経済成長を経て経済大国となりましたが、1980年代に土地や株が異常な高値になるバブル景気が発生、その崩壊後は長い不況に苦しみます。
さらに世界のグローバル化が加速する中、地球温暖化や少子高齢化などの諸問題に日本は直面しています。

日本史と世界史がひとつの流れでスラスラ読める! 高校必修科目「歴史総合」の先取り・復習にも最適です!

【目次】
1章 東西冷戦と55年体制
2章 高度経済成長
3章 冷戦終結と激動する世界
4章 これからの日本、そして世界

著訳者プロフィール

●山本 博文:1957年、岡山県生まれ。東京大学文学部国史学科卒業。文学博士。東京大学史料編纂所教授。専門は近世日本政治・外交史。『江戸お留守居役の日記』(読売新聞社、のちに講談社学術文庫)で第40回日本エッセイスト・クラブ賞を受賞。著書に、『歴史をつかむ技法』(新潮新書)、『江戸人のこころ』(KADOKAWA)、『東大流 日本史よみなおし講義』(PHP)等、多数。最新の研究成果を踏まえて歴史の流れをつかむための技法を提唱しており、角川まんが学習シリーズ『日本の歴史』(全15巻)の監修も務めた。

目次

【目次】
1章 東西冷戦と55年体制
2章 高度経済成長
3章 冷戦終結と激動する世界
4章 これからの日本、そして世界
最近チェックした商品