月刊星ナビ 2018年10月号

月刊星ナビ 2018年10月号

星空や宇宙、天体写真、天体望遠鏡に興味のある人のための天文情報誌
定価: 1,100円(税込み)
発売日:2018年09月05日
プラネタリウム映像作品やSNSで美しい星空を発表し続けているKAGAYAさん。多くの人が憧れるすばらしい写真のヒミツに、特集と付録で迫ります。機材レポートは手軽な3cmクラスの防振双眼鏡、そして西郷どんブームに乗った「天文学の明治維新」です。

■表紙画像
KAGAYAさんによる、アメリカ西部の景勝地・ホースシューベンドでの夕暮れと月です。眼下の谷底まで高さ300メートル。崖の淵に立っての撮影だったそうです。

■綴じ込み特別付録「KAGAYA「星の旅−世界編」取材ノート」
世界を旅して星空と美しい風景の写真を収めるKAGAYAさん。上映中の全天周映像作品「星の旅−世界編−」で訪れた場所の思い出と撮影エピソードを綴ります。

■星撮りの旅(写真・文/KAGAYA)
「KAGAYAさんのような天体写真を撮りたい」…KAGAYAさんの写真への憧憬から、カメラを星空に向けるようになった人も多いでしょう。今回はそのKAGAYAさんに、星空撮影の旅に出る動機や撮影スタイル、構図や色について解説していただきました。

■天文学の明治維新 前編「開国ビフォー→アフター」(解説/中村 士)
2018年は、明治維新から150年の節目となる年です。230年も続いた鎖国体制を解き、近代国家として大急ぎで欧米の先進国のレベルに追いつく必要に迫られた日本が、天文学をはじめとした科学技術の分野でどのように「開国」していったかを紹介します。

■口径3cmクラスのコンパクト防振双眼鏡(レポート/大野一郎)
キヤノン、ビクセン、ケンコー・トキナーから、口径3cmクラスのコンパクトな防振双眼鏡が相次いで発売されました。これにフジノンテクノスタビを加え、10から14倍の7機種の防振双眼鏡の天文適性を探ってみます。

■「はやぶさ2」ミッションレポート(報告/中野太郎)
順調にミッションをこなす「はやぶさ2」の月次レポートがスタート。初回は8月23日のプレス発表を中心に、リュウグウ着陸に関する情報やこれまでの成果をまとめました。

■みんなで熱く見上げた「火星の夏」(報告/三浦飛未来)
「夏休みに幕張で火星を見よう」「目指せ1万人」のスローガンのもと、8月1日、2日に千葉県で大規模観望会が開催されました。実行委員会と学生スタッフの「やればできる」思いを結集したギネス級観望会の様子をレポート。
  • JAN コード : 4910134811082
  • サイズ : AB判 変形 総ページ数: 112ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 210 × 260 × 6.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品