月刊星ナビ 2019年3月号

月刊星ナビ 2019年3月号

星空や宇宙、天体写真、天体望遠鏡に興味のある人のための天文情報誌
定価: 940円(税込み)
発売日:2019年02月05日
2月後半に「はやぶさ2」が初のタッチダウンに挑戦。ミッションを予習しておきましょう。「ラッキーイメージング」連載2回目は大量コンポジットと良像選別法を解説します。注目の岩本彗星ハイライト情報もあり。

■表紙画像
「はやぶさ2」がミネルバII-1の2台を放出後、スラスターを噴いて上昇に転じた瞬間を、上坂浩光監督がCGで再現しました。

■獲物をつかめ!「はやぶさ2」いざ着陸へ(解説/中野太郎)
いよいよ「はやぶさ2」によるリュウグウ着陸(タッチダウン)が行われます。第1回目の着陸運用は、2月18日開始と発表されました。岩だらけの表面のどこに着陸するの? 着陸の詳細な手順は? 以降のミッション全体についても合わせて解説します。

■Deepな天体写真「ラッキーイメージング2」(画像・解説/宇都正明)
高速で大量に連写して、大気が安定していたときの画像だけを拾い出してコンポジットする手法「ラッキーイメージング」。連載第2回目は、実際の撮影の手順と、良像を選別してコンポジットする方法について詳しく案内しました。

■エーゲ海の風−星座神話の向こうに広がる古代ギリシアの天文学 第6回(水先案内人/早水 勉)
古代ギリシアの詩人ホメロスとヘシオドスの作品は、現存する世界最古期の文学作品とされています。彼らの作品は後代に続く文学作品や絵画・彫刻・演劇などの芸術作品にも影響を与えました。また、早くも現代に通じる星座が記されていて、私たちの興味をかきたててくれます。

■ツインドームで有楽町に80年ぶりの星空がよみがえる(レポート/松岡義一)
2018年12月19日、東京都千代田区の有楽町マリオンの『日劇』跡に、新しいプラネタリウムがオープンしました。それぞれ特徴的なコンセプトで展開する「ツインドーム」と、有楽町という土地ならではのプログラムをレポートします。
  • JAN コード : 4910134810399
  • サイズ : A4判 変形 総ページ数: 112ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 210 × 277 × 6.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品