シベリア抑留 最後の帰還者 家族をつないだ52通のハガキ

シベリア抑留 最後の帰還者 家族をつないだ52通のハガキ

終わらなかった戦争を家族は生き抜いた。ある家族が繋いだ奇跡の一次資料!
定価: 886円(税込み)
発売日:2018年01月10日
終わらなかった戦争を、家族は生き抜いた。
最後の帰還者が持ち帰った、奇跡の一次資料。

未完の悲劇、シベリア抑留。最後の帰還者の一人、佐藤健雄さんが妻とし子さんらと交わした葉書が見つかった。
ソ連は国際法違反である抑留の実態を知られぬために、文書の持ち出しを固く禁じていた。
しかし、佐藤健雄さんは妻たちと交わしたハガキを密かに持ち帰っていた!
一つの家族がつないだ奇跡の一次資料を元に、終わらなかった戦争を描く。

<目次>
はじめに
第一章 佐藤家の人びと
第二章 抑留される
第三章 抑留生活の日々
第四章 命のハガキ
第五章 見えない出口
第六章 帰国、再会まで
第七章 ソ連研究の専門家として
終章
おわりに
参考文献
  • ISBN コード : 9784040821757
  • サイズ : 新書判 総ページ数: 280ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 108 × 173 × 12.3 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●栗原 俊雄:1967年生まれ。東京都出身。早稲田大学政治経済学部政治学科卒、同大学大学院政治学研究科修士課程修了(日本政治史)。1996年、毎日新聞社入社。横浜支局などを経て、現在、毎日新聞東京本社学芸部記者。著書に『戦艦大和』『シベリア抑留』『勲章』『遺骨』(いずれも岩波新書)、『特攻』(中公新書)など。

はじめに
第一章 佐藤家の人びと
満鉄調査部/一九四五年、満州の生活/関東軍は事実上、民間人を置き去りにした/停戦交渉/「一緒に行けない。頼んだぞ」/総裁布告/満鉄四〇年の死に水取りに加わる etc

第二章 抑留される
政府は、同胞を「賠償」としてソ連に提供しようとした/およそ六万人が死んだ/「生き残った者はね、加害者なんですよ」/「スターリン大元帥へおくる感謝文」/抑留の研究は絶望的に立ち遅れた etc

第三章 抑留生活の日々
「大きくなったら捕虜になるんだ」/判決文/遺体は「丸太」のように固くなった/死んだ仲間の墓穴を掘る etc

第四章 命のハガキ
日本政府は独自の外交はできなかった/ハガキは暗闇にともる灯りだった/検閲/文には親の歓喜がにじむetc

第五章 見えない出口
復興から取り残された日本人同胞たち/ソ連は名簿を交渉カードにした/「どこの国の議員なんですか?」と聞きたくなる発言/留守家族は雪が降る中、座り込みをした/日本政府は帰還者や遺族への補償を拒否した etc

第六章 帰国、再会まで
人質外交への思い/一一年ぶりの再会/「友情」

第七章 ソ連研究の専門家として
 抑留者を待っていた差別/元関東軍参謀でソ連のスパイとなった男/「笑顔でここに来ることができて良かった」/祖父母達の残像/ハガキは日本現代史の超一級資料だ

終章
ハガキは日本現代史の超一級資料だ/“イヌ”にならなかった二人/闇を照らす、確かな光源

おわりに
参考文献


送料無料
販売不可商品
ほしいものリストに追加
最近チェックした商品