「婚活」受難時代

「婚活」受難時代

急ぐ二十代。 取り残される 三十路息子、娘たち。コロナ禍の婚活の今!
定価: 968円(税込み)
発売日:2020年12月10日
急ぐ二十代。
取り残される三十路息子、娘たち

コロナ禍で見えてきた新しい結婚観  〜「オンライン婚活」からの「ウィズコロナ婚」〜

新型コロナウイルスが令和の結婚事情にも影響を与えている。
急ぐ20代、取り残される30代後半、40代。相手と会えない時代に「ウィズコロナ婚」を決めるカギとなるものは何か? 
前向きに結婚を考える人のために、約10人の婚活カウンセラーとジャーナリストが立ち上げたプロジェクトチームがさまざまな事例をもとに最新事情を紹介する。
30代、40 代の結婚しない息子や娘を持つ親世代への情報も満載。親たちの今どきの結婚への誤解も解く。
  • ISBN コード : 9784040821795
  • サイズ : 新書判 総ページ数: 192ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 108 × 173 × 9.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●結婚を考える会:社会環境の変化やコロナ禍で結婚観は大きく変わりつつある。その中で、結婚を前向きに考える人は何をすべきか、最新の婚活事情を紹介するべく、約10人の婚活カウンセラーとジャーナリストが立ち上げたプロジェクトチーム。30 代、40 代の結婚をしたくてもできない息子や娘を持つ親世代への情報提供も行う。

●はじめに
コロナ禍で新たな結婚の若年齢化が進んでいる!?/オンライン婚活で成功する秘訣は/親が原因で子どもが結婚したくてもできないケースとは? 等
●第1章  三十路、四十路の息子、娘が結婚できないのは親の古臭い常識が原因だった         
子どもに嫌われたくない親の遠慮が結婚を遠ざけている/子離れできない親が子どもの結婚を妨害している/母親が娘の結婚を邪魔している典型的なパターン/一人娘は母親の価値観に流される/親同士の意見交換は?/父親に対する愚痴を聞いて育った子どもは結婚に悲観的/結婚できない子どもをつくる家庭環境 等
●第2章  子どもを責める前に親が知っておくべき、今どきの結婚事情 
モテ期が若年化している!? 年齢別の最新事情(男性編)/意外に結婚しやすい50代!? 年齢別の最新事情(女性編)/ネット時代の子どもに反論できない親の知識不足/婚活パーティーの正しい活用法とは?/理想の結婚相手に必要な意外な条件 等
●第3章 結婚しない子どもの気持ちがわかるヒント 
告白して断られるのが怖い……傷つくくらいならおひとりさまがマシ/結婚して仕事を辞めたい女性と、「共働きが必須」と考える男性のすれ違い/気になるなら、ズバッと聞いたほうが子どもも話しやすい/婚活費用を親が出すと子どもも本気になる 等
●第4章 「結婚できない」子どもを「結婚できる」子どもに変えたエピソード
結婚しない、できない五つのパターン/選ぼうとするな。「選ばれる」ことを考えろ/自分と相手の「バランスをとる」ことが大事/妥協するのではなく「妥当な相手」を探すのが大事 等
●第5章  「結婚する気のない」子どもを「その気にさせた」ストーリー 
親孝行な子に効く「とりあえず、試してみて」/理想の高い子どもの気持ちを変える、たった一つの方法/既婚者に囲まれる環境に身を置く/「年齢だけは変えられない」ことに気づかせる 等
●第6章 おひとりさまを選択する前に考えたいこと
80代で婚活している女性の本音/10年後にいまより幸せになっていられるか?/「結婚しない自由」はあるが、その自由は幸せか?/「男は50代でも結婚できる」と思ってしまう誤解 等
●第7章 20代、30代が結婚を急ぎ、40代、50代は取り残される。「コロナ禍で変わった」結婚観
コロナ禍で結婚願望が再燃/30代前半の男性が結婚に焦る訳 等
●おわりに 


販売不可商品
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品