MUJIが生まれる「思考」と「言葉」

MUJIが生まれる「思考」と「言葉」

商品、コンセプト、働き方……「感じ良さ」を目指すプロセスのすべて
定価: 2,037円(税込み)
発売日:2018年07月20日
「大戦略は『役に立つ』」
「手の痕跡のあるものづくり」
「心においしい商品」
「媚びず、驕らず、でしゃばらず。」
「これのどこがMUJIなの?」
「ローカルから始める未来」
「生活が美しくなれば、社会はよくなる」……。

「MUJI(無印良品)」は、どうやって生まれるのか。
どうして生まれたのか。これから、どうなるのか。

「商品・コンセプト」の考え方から、それを実現する
「これからの企業の姿」にまで言及。
  • ISBN コード : 9784046022691
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 264ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 17.5 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●株式会社良品計画:「無印良品」の企画開発・製造から流通・販売までを行う製造小売業として、衣料品から家庭用品、食品など日常生活全般にわたる商品群を展開する。

はじめに
人と社会の「役に立つ」ということ
  株式会社良品計画 代表取締役会長 金井政明

第1章 発想はいつも根源的で単純
――人間としてどう振る舞うか
第2章 生活が美しくなれば、社会はよくなる
――経済は目的ではなく手段、目的は感じ良く生きること。
第3章 無印良品のつくり方
――始まり(1)・現在(2)・未来(3)
第4章 無印良品が生まれる風土や組織とは
――良品計画のビジョン
第5章 無印良品は空っぽ、だから無限だ
――大戦略「役に立つ」を合言葉に可能性はどこまでも

あとがき
「総意」  深澤直人


数量

ほしいものリストに追加
最近チェックした商品