ヴァイオリニスト 今日も走る!

ヴァイオリニスト 今日も走る!

読むと元気になるヴァイオリニストの天真爛漫な音楽エピソード。CD付き!
定価: 2,090円(税込み)
発売日:2018年07月02日
3歳でスズキ・メソードでヴァイオリンを始め、8歳で「テン・チルドレン」としてにアメリカへ演奏旅行へ。芸大大学時代にプロデビュー。その後は、珍しい女性のコンサートマスターを34年間つとめながら、ソロ活動も並行。一昨年、デヴュー40周年を迎えて、いよいよソロに専念した。長くヴァイオリニストとして第一線で活躍する著者が語る、音楽を通して出会った名演奏家、名指揮者、名オーケストラとの秘話や、指導者としての心がけ。そして、東日本大震災で救助に来てくれた約30カ国の代表を招いたチャリティコンサートや、病院の慰問や学校での演奏教室など、「音楽を届けることで世界をひとつにしたい」という夢をずっと追いかけている生き方。あきらめずに、「そのときしていることを楽しむ」ことから生きる喜びは生まれるという、人間&音楽賛歌。
付属CDには愛器グァルネリが奏でる6曲が収められています。クライスラー「愛の喜び」、ドヴォルザーク「ユーモレスク」、コルンゴルド 「雪だるま」、チャイコフスキー「メロディー」、 シベリウス 「ロンディーノ」、ドビュッシー「美しき夕べ」
  • ISBN コード : 9784040698021
  • サイズ : A5判 総ページ数: 160ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 148 × 210 × 12.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●大谷 康子:日本を代表するヴァイオリニスト。愛器はピエトロ・グァルネリ(1708年製)。華のあるステージで、「歌うヴァイオリン」と評される。デビュー40周年でソロに専念。国内外のソロコンサート、チャリティーのほか、BSジャパンの「おんがく交差点」で春風亭小朝師匠と司会をつとめ、演奏も披露している。2017年のキエフ国立フィルハーモニーとのコンサートのほか、10年プロジェクトの「ヴァイオリン賛歌」を展開中。文化庁芸術祭大賞等受賞。東京音楽大学教授。東京藝術大学講師。

数量

ほしいものリストに追加
最近チェックした商品