永久囚人 警視庁文書捜査官

永久囚人 警視庁文書捜査官

幻想小説どおりに殺人事件が――。文字マニア・鳴海理沙警部補が謎に迫る!
定価: 734円(税込み)
発売日:2018年04月25日
針金で縛られた遺体が発見された。傍らには、謎の血文字――。
鳴海理沙警部補率いる文書解読班に出動命令が下った。
理沙がダイイングメッセージの解読に注力する一方、
班員の矢代は、新任の夏目と共に遺品の中から小説らしき文章を発見する。
幻想小説『永久囚人』の一部で入手困難な稀覯本だと判明し、その原本を辿っていくと、
さらなる殺人事件が起きてしまい……。
文字を偏愛する理沙が、本に隠された殺人事件を解き明かす!
  • ISBN コード : 9784041069967
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 336ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 13.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●麻見 和史:1965年千葉県生まれ。2006年『ヴェサリウスの柩』で第16回鮎川哲也賞を受賞しデビュー。『石の繭』『蟻の階段』『水晶の鼓動』『虚空の糸』『聖者の凶教』『女神の骨格』など「警視庁殺人分析班」シリーズで人気を集める。その他作品に、『特捜7 銃弾』『死者の盟約 特捜7』『永久囚人 警視庁文書捜査官』『屑の刃 重犯罪取材班・早乙女綾香』『水葬の迷宮 警視庁特捜7』『沈黙する女たち』『鷹の砦 警視庁捜査一課十一係』『緋色のシグナル 警視庁文書捜査官エピソード・ゼロ』などがある。
販売不可商品
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品