あかちゃん研究からうまれた絵本 かお かお ばあ

あかちゃん研究からうまれた絵本 かお かお ばあ

あかちゃんは顔が大好き! 0歳0ヶ月から読める、あかちゃんのための絵本
作: 山口 真美
実験監修: 金沢 創
絵: ミスミ ヨシコ
定価: 1,078円(税込み)
発売日:2019年11月14日
コントラストの強い白と黒の目、口の配置で、生まれてすぐからあかちゃんは顔を認識します。
あかちゃんの発達順に構成し、あかちゃんとお母さんの反応を実験して作られた、新感覚の絵本。

==========
生まれた時から、あかちゃんは顔が好き。あかちゃんは顔を探し、顔を眺めて楽しみます。
顔はあかちゃんの興味をひくものでいっぱいです。
幼いあかちゃんでも気づきやすいのが、白と黒のコントラストのはっきりした目。くるくる動く目玉。やがてあかちゃんは、表情に気づきます。ニコニコと笑った楽しい顔と、驚いた顔や困った顔。あかちゃんは顔から、お母さんとのつながりを学習していくのです。
この絵本はあかちゃんの大好きな顔を、あかちゃんの見える絵や色で描いています。この絵本であかちゃん世界を知り、あかちゃんの成長を楽しんでみてください。
 ――山口真美 中央大学文学部心理学研究室教授/日本赤ちゃん学会事務局長
==========
絵本の読み聞かせ実験の中で「この本は親子のコミュニケーションに役立っている!」と強く感じられる瞬間が何度もありました。見つめる、発話する、笑う、指さす。この絵本には、こうした行動をあかちゃんから引き出す力があります。それはこの本が、あかちゃん世界にあわせたデザインになっているからです。
 ――金沢創 日本女子大学人間社会学部心理学科教授
==========
  • ISBN コード : 9784041070321
  • サイズ : その他 総ページ数: 28ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 174 × 174 × 8.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●山口 真美:中央大学文学部心理学研究室教授。日本赤ちゃん学会事務局長。顔・身体学領域長。
中央大学文学部卒業、お茶の水女子大学大学院人間文化研究科人間発達学専攻博士後期課程単位取得退学。博士(人文科学)。
主として乳児の視知覚能力の研究をしている。
著書に『赤ちゃんは世界をどう見ているのか』(平凡社新書)、『赤ちゃんの視覚と心の発達』(金沢創氏との共著/東京大学出版会)、『赤ちゃんは顔をよむ』(角川ソフィア文庫)、『自分の顔が好きですか?‐‐「顔」の心理学』(岩波ジュニア新書)などがある。
●ミスミ ヨシコ:アニメーションとイラストの作家。東京藝術大学大学院の修了制作『Googuri Googuri』はASK?映像祭、こどもアニメーションフェスティバルのグランプリなど国内外の映画祭で受賞。
NHK「みんなのうた」「おかあさんといっしょ」「王さまものがたり」などのアニメーション制作などで活躍するほか、絵本作品に『わるいことがしたい!』(作・沢木 耕太郎/講談社)、『ねがえり ごろん』『はいはい あかちゃん』(作・斉藤洋/講談社)、『おとうさん!おとうさん!』(作・中川ひろたか/ポプラ社)などがある。

数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品