ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンXIV

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンXIV

壮大なる物語に終止符が打たれるときがきた――
著者: 宇野 朴人
イラスト: 竜徹
定価: 810円(税込み)
発売日:2018年08月10日
戦乱を鎮め、少女を救うためにイクタが選ぶ道とは――
本格戦記ファンタジー、堂々完結!


 ついに帝国本土へと侵攻を始めたキオカ軍。国境近くの平原で対陣した両軍は激しく激突。爆砲の圧倒的な威力に塹壕戦で対抗する帝国軍だが、ジャンの知略はそれすらも貫き、戦線後退を強いられたイクタたちは厳しい防衛線を続ける。
 一方、海での戦いはそれ以上の危機に直面する。艦隊の全艦を爆砲艦で揃えてきたキオカ海軍を前に、帝国海軍はまともな戦闘にさえ持ち込めず撤退を開始。
 精霊通信の開通によって、戦場の全ての情報をリアルタイムで把握し対応するようになったジャン。指揮下の全軍をして「完全な軍隊」と自負する彼を相手に、イクタ率いる帝国軍は勝機を見出せるのか――。
  • ISBN コード : 9784048939621
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 504ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 23.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●宇野 朴人:2010年に「神と奴隷の誕生構文」(電撃文庫)でデビュー。「スメラギガタリ」シリーズ(メディアワークス文庫)、「ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン」シリーズ(電撃文庫)を刊行。
●竜徹:第18回電撃イラスト大賞にて〈金賞〉を受賞。カードゲームのイラストを中心に活躍中。
最近チェックした商品