トロッコ・一塊の土

トロッコ・一塊の土

中期の名作「トロッコ」や芥川文学の転機と言われる「一塊の土」など21編
定価: 748円(税込み)
発売日:2018年10月24日
今年八つになる良平は、鉄道の敷設工事で行き来するトロッコが面白くて仕方がない。ある日、見知らぬ若い男達とともにトロッコを押す機会を得た良平だったが……「トロッコ」。倅を亡くしたお住は、毎日畑へ出て男まさりに稼ぐ嫁、お民に敬意を感じている。しかし、いつしか「稼ぎ病」に取り憑かれたお民の存在がお住を苦しめるようになり……「一塊の土」。表題作の二篇をはじめ、芥川の転機となる中期の21篇を収録。
  • ISBN コード : 9784041075852
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 304ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 12.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●芥川 龍之介:1892年東京生まれ。母の実家・芥川家で養育され、一高を経て東京帝大英文科を卒業。在学中に「新思潮」創刊に参加、また「羅生門」を発表して注目を集め、「鼻」は夏目漱石の絶賛を受ける。多彩な題材をもとに小説の技術的洗練と形式的完成を追求したが、1927年睡眠薬自殺。

トロッコ
報恩記
仙人

一夕話
六の宮の姫君
魚河岸
お富の貞操
おぎん
百合
三つの宝

猿蟹合戦
二人小|町
おしの
保吉の手帳から

子供の病気
お時儀
あばばばば
一塊の土

注釈
作品解説  三好行雄
年譜


数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品