脳科学捜査官 真田夏希 イミテーション・ホワイト

脳科学捜査官 真田夏希 イミテーション・ホワイト

夜空に打ち上がる花火は、連続殺人の幕開け。書き下ろし長篇警察小説。
定価: 660円(税込み)
発売日:2018年12月22日
神奈川県警初の心理職特別捜査官・真田夏希が招集された事件は、異様なものだった。会社員が殺害された後に、花火が打ち上げられたのだ。これは犯行声明なのか。夏希はSNSで被疑者と接触を試みるが──。
  • ISBN コード : 9784041077801
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 288ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 11.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●鳴神 響一:中央大学法学部政治学科を卒業後、神奈川県内の小学校で学校事務職員として勤務。2014年3月に小説執筆に専念するため、フリーとなる。社会保険労務士、行政書士の資格を持つ。熱烈なフラメンコファンであり、多くのアーティストを応援している。2014年 『私が愛したサムライの娘』で、第6回角川春樹小説賞受賞。15年同作で、第3回野村胡堂文学賞受賞。

数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品