君の想い出をください、と天使は言った

君の想い出をください、と天使は言った

私の大切なものって、何――!? 涙の後に驚きが待つ、極上の恋愛ミステリ
定価: 704円(税込み)
発売日:2019年08月23日
河野夕夏は絶望していた。
急性の脳腫瘍で倒れて入院し、医師の態度から最悪の結果を察してしまったのだ……。
その夜、ひとりで泣いていると、目の前に、真っ黒な服をまとった不思議な青年が現れる。
彼は自らを「悪魔」と名乗り、夕夏に取引を持ちかけた。「君の命を助ける。その代わりに、君の最も大切なものを一つ奪う」と――。

目覚めると、夕夏の腫瘍は良性に変わっていた。しかし、彼女はここ2年間の記憶を失っていたのだ。
けれど、夕夏には頼れる人もいない。両親とは、夕夏が幼い頃に起きたある事件をきっかけに疎遠になっていた。
病院から報せを受け、夕夏を心配した両親は、長野から駆けつけるが、夕夏は心を開くことができない。

就職して3年になる銀行でも、仕事の内容が全く思い出せず戸惑う夕夏。後輩たちから何故か恐れられているのも気にかかる。
窓口に連日やってくるクレーマーの対処にも手間取り、夕夏は意気消沈する。

そんなある日。同僚の菊池から誘いを受け、心が浮き立つ夕夏。
時を同じくして、アパートの前に、あの夜、枕元に立った謎の青年が現れ――。

「私の一番大切なものって、何だろう……?」
小さな違和感が、大いなる感動とともにほどけてゆく。涙なしには読めないやさしいラストが待つ、極上の恋愛ミステリ。

☆感動の声、続々!!!☆
記憶に何らかの理由でアクセスできなくても、周囲の人たちの中に、自分の知っている自分よりずっとはっきりした輪郭を持って、自分がいる。それを再発見できるってこんなに幸せなことなんですね。
――大学生・20代男性
  • ISBN コード : 9784041078662
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 304ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 11.4 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●辻堂 ゆめ:神奈川県生まれ。東京大学在学中の2014年、「夢のトビラは泉の中に」で、第13回『このミステリーがすごい!』大賞《優秀賞》を受賞。15年、同作を改題した『いなくなった私へ』でデビュー。他の著作に『コーイチは、高く飛んだ』『あなたのいない記憶』『悪女の品格』『僕と彼女の左手』『片想い探偵 追掛日菜子』『今、死ぬ夢を見ましたか』などがある。

数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品