大学入試 肘井学の 作文のための英文法が面白いほどわかる本 音声ダウンロード付き

大学入試 肘井学の 作文のための英文法が面白いほどわかる本 音声ダウンロード付き

ゼロから始めてどんな英作文にも太刀打ちできるようになる1冊が登場!
著者: 肘井 学
定価: 1,650円(税込み)
発売日:2019年11月18日
次の日本語を正しく英訳できますか?
『年を重ねると、月日の流れがどんどん速くなる。』

実際に過去の難関大の入試で出題された問題です。この日本語を正しく英訳するには、「年を重ねると」の主語を補って、「私たちが年をとるにつれて」と日本語をかみ砕き、修飾語を使い、かつ、比例のasを使うと判断します。次に、「月日の流れがどんどん速くなる」をそのまま英訳しようとすると、堂々巡りとなってしまいます。まずは主語を補って、「私たちは時間がたつのをますます速く感じる」と、日本語をかみ砕くことで、いとも簡単に英作文を完成させることができるようになります。

この一連の作業を、本書では『和文図解』×『和文変換』
としています。『和文図解』は、日本語のどこが英文のSVOCMに相当するかを分析する作業です。そして、『和文変換』は、英作文をするには難解な日本語をかみ砕く作業です。

本書では、英作文に必要な重要ルールを体系化しました。扱う英文は全て実際の大学入試で出題された問題を厳選。また、実際に自分の手で英作文を書くことができるように、別冊に単語、フレーズレベルのOutput Sheet、そして文レベルの口頭英作文練習帳を付けました。Output Sheetで単語・フレーズレベルでの日本語⇒英語の練習、口頭英作文によって文レベルでの日本語⇒英語の練習を徹底反復
とすることで、『英作文脳』をつくっていきます。
近年では、国公立大学のみならず、早稲田大、慶應義塾大、学習院大、中央大、明治大、同志社大といった人気私大でも英作文が出題されます。読解や文法以上に、差が付きやすく、合否を分ける決め手となります。たとえ試験本番一か月前でも、本書を一冊完璧にすれば、無敵の英作文の力を身につけることができます。
  • ISBN コード : 9784046041593
  • サイズ : A5判 総ページ数: 312ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 148 × 210 × 17.5 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●肘井 学:慶應義塾大学文学部英米文学専攻卒業。全国のさまざまな予備校をへて、リクルートが主催するネット講義サービス「スタディサプリ」で教鞭をとり、高校生から英語を学びなおす社会人まで、圧倒的な満足度を誇る。特に「英文読解」の講座は年間25万人の生徒が受講する超人気講座となっている。著書に『大学入試 肘井学の 読解のための英文法が面白いほどわかる本』『大学入試 肘井学の ゼロから英語長文が面白いほどわかる本』『語源とマンガで英単語が面白いほど覚えられる本』(KADOKAWA)などがある。

【本冊】
第1章 完了形・助動詞・仮定法編
第2章 準動詞編
第3章 構文編
第4章 動詞の型編
第5章 応用編

【別冊】
本冊のテーマに準じた口頭英作文とOutput Sheet、演習問題の解説が掲載


最近チェックした商品