邪宗門の惨劇

邪宗門の惨劇

童謡に見立てた連続殺人、真の犯人は?予想は何度も覆される、怖ミスの傑作
定価: 704円(税込み)
発売日:2019年02月23日
〈母さん、帰らぬ、さびしいな。
 金魚を一匹突き殺す。

 まだまだ、帰らぬ、くやしいな。
 金魚をニ匹締め殺す。

 なぜなぜ、帰らぬ、ひもじいな。
 金魚を三匹捻ぢ殺す。〉

北原白秋の童謡『金魚』と共に、推理作家・朝比奈耕作に送られてきた、中学時代の同級生・熊谷須磨子からの手紙。
朝比奈は指示通り松濤の洋館を訪れるが、同様に呼び出された同級生2人と館に閉じ込められてしまう。
蝋燭だけが頼りの暗闇で脱出を試みる3人だが、やがてどこからか女の金切り声が響きわたり――カーテンの裏には“突き殺された”熊谷須磨子の死体が転がっていた!

この空間、異常すぎる!
予想は何度も覆される、絶対に読んでほしい“怖ミス”の名作を復刊しました!!
  • ISBN コード : 9784041079690
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 304ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 12.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●吉村 達也:1952年生まれ。ニッポン放送、扶桑社を経て90年より専業作家。朝比奈耕作、氷室想介、志垣警部といったミステリーシリーズの他、ホラー作品も多数執筆。『初恋』『トンネル』『ビンゴ』『ソックリさん』『王様のトリック』『生きてるうちに、さよならを』『それは経費で落とそう』などがある。2012年5月、惜しまれつつ逝去。

数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品