ゴーストリイ・フォークロア 17世紀〜20世紀初頭の英国怪異譚

ゴーストリイ・フォークロア 17世紀〜20世紀初頭の英国怪異譚

ひっそりと記録された知られざる幽霊譚を紹介する、唯一無比な一冊。
定価: 3,080円(税込み)
発売日:2020年01月07日
有名な古典やバラッドから、とある聖職者の記録まで――。
奇妙な話を求めてやまない著者が、膨大な書物と記録の中から厳選した英国の幽霊譚。
こんなにも豊穣で愛おしい、恐怖と偏愛に満ちた英国怪談の世界へようこそ。

本書で紹介される作品の一部 
■フィオナ・マクラウド「海の魔法」「水の子たち」……ケルト人の伝説や民話を素材とした、妖しさと凋落の気配に満ちた物悲しい作品。 
■ジョージ・ボロー『ラヴェングロー』……木に触るだけでなく、狂気と強迫観念を抱えた人々のふるまいについて、主人公が饒舌に語る。 
■ウェールズの聖職者エドマンド・ジョーンズの教区の記録……人の死を予言する屍蝋燭や音声妖怪、人魂や黒い犬の話など英国の怪談実話。 
■ジョーゼフ・グランヴィル『打倒されしサドカイ派』……肉体から出てくるピン、呪いのために埋められた「魔女の壺」。魔女の見分け方を伝授。

英国怪談の第一人者であり、古典に精通する著者が、あらゆる書物や記録を読み漁り、英国・アイルランドの奇妙な物語を厳選して紹介。
マルー氏の美麗な挿絵に彩られた、ここでしか読めない本邦初翻訳作品も収録!
  • ISBN コード : 9784041083260
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 328ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 22.3 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●南條 竹則:1958年生まれ。作家・翻訳家・英文学者。東京大学大学院英文科修士課程修了。『酒仙』(新潮社)で第五回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞。著書に『吾輩は猫画家である』『英語とは何か』、訳書に『英国怪談珠玉集』『木曜日だった男』『奇商クラブ』『白魔』『カンタヴィルの幽霊/スフィンクス』など多数。

数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品