外国人にも話したくなる ビジネスエリートが知っておきたい 教養としての日本食

out_of_stock

外国人にも話したくなる ビジネスエリートが知っておきたい 教養としての日本食

監修: 永山 久夫
1,540円(税込)
発売日2019年04月27日
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784046043603
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 240ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 15.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

仕事の武器になる「日本食」にまつわる知的教養

文化遺産に登録されたことで、世界の人々から注目を集める「日本食」。本書は、日本の食事に息づく「精神」や「美意識」について、しきたり、作法、ルーツなどの切り口から解き明かす。ビジネスでは今後もグローバル化が進み、自国のアイデンティティーをますます問われる時代になる。ビジネスマンとして知っておきたい、武器になる知的教養を身につけよ!

著訳者プロフィール

●永山 久夫:1934年生まれ。食文化史研究家。古代から明治時代までの食事の研究に長年携わる。著書に『ひとの長寿食』『頭イキイキ血液サラサラの食事』(以上講談社)、『日本古代食事典』(東洋書林)、『世界一の長寿食「和食」』(集英社)など多数ある。

目次

第1章 作法に息づく「和のこころ」を知る
第2章 日本食を形づくる「匠の技」を学ぶ
第3章 和食が秘める「効能」を解明する
第4章 日本料理を生んだ「ルーツ」を探る
第5章 食習慣をはぐくんだ「日本人の信仰」に迫る
最近チェックした商品