高校事変 II

高校事変 II

最大の問題作、待望の第2弾。日本の「闇」を暴き出すバイオレンス文学!
定価: 748円(税込み)
発売日:2019年07月24日
■コミック版、2020年1月4日発売予定「ヤングエース」2月号より連載開始! 漫画/オオイシヒロト

【各所で1位獲得!】
honto 推理・ミステリー電子書籍ランキング週間1位(7/29集計)
楽天Kobo 週間ランキング ミステリー・サスペンス 電子書籍 週間1位(7/29〜8/4)他

『高校事変』
紀伊國屋書店 電子書籍 文芸(日本文学) ウィークリー1位(5/27〜6/2)
BOOK☆WALKER 週間ランキング サスペンス 2週連続1位 (5/24〜6/6)
楽天Kobo 週間ランキング ミステリー・サスペンス3週連続1位 (5/20〜5/26 5/27〜6/2 6/3〜6/9集計)


世間を震撼させた「武蔵小杉高校事変」から2か月――平成最悪のテロリストの次女・優莉結衣は新たな場所で高校生活を送っていた。そんな中、結衣と同じ養護施設に暮らす奈々未が行方不明に。さらに、多数の女子高生が失踪していたことも判明する。結衣は奈々未の妹に懇願され調査に乗り出すが、JKビジネスや特権階級の存在など、日本社会の「闇」の数々が浮かび上がってくる。問題作ダークヒロインシリーズ第2弾!


「松岡圭祐作品を手にしたらすぐに、躊躇なく読み始めるべきである。なぜなら、それぞれがいま書かれるべくして書かれた作品だからだ。」
タカザワケンジ(書評家)文庫解説より
  • ISBN コード : 9784041083963
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 384ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 14.2 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●松岡 圭祐:1968年、愛知県生まれ。デビュー作『催眠』がミリオンセラーに。大藪春彦賞候補作「千里眼」シリーズは累計628万部超。「万能鑑定士Q」シリーズは2014年に映画化、ブックウォーカー大賞2014文芸賞を受賞。『シャーロック・ホームズ対伊藤博文』は19年に全米翻訳出版。NYヴァーティカル社編集者ヤニ・メンザスは「世界に誇るべき才能」と評する。その他の作品に『ミッキーマウスの憂鬱』、『ジェームズ・ボンドは来ない』、『黄砂の籠城』、『ヒトラーの試写室』、「グアムの探偵」「高校事変」シリーズなど。

数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品