旅する神々

旅する神々

宮本常一に師事し、宇佐八幡神社宮司でもある著者が日本原初の神々を説く
定価: 1,870円(税込み)
発売日:2020年11月27日
五つの名を持つ大国主神の変幻自在な旅、浦島太郎のモデルとなった山幸彦の海神の宮訪問、吉備津神の温羅退治遠征、天照大御神の「永遠の宮所」を探し求める倭姫命の国覓ぎの旅、民俗行事にみえる仮面・仮装の神々の来訪――神は常在せず、古来、人びとの延長線上にあった。『古事記』をはじめ神話や行事に息づく奔放で多情多様な「旅する神」の姿に、日本独自の神々と人びとの関係をさぐり、原信仰を浮かび上がらせる。

「日本は、ついぞ宗教統制をさほどに大事とせず、多神教が共存を是としてきた。おもしろい、というしかない。そこでの神々も多様な性格があるが、それも絶対的ではない。時どきに変化もあり習合もあり、それがおもしろい。ということは、神々と人びとの自在な関係がおもしろい――」(「第一章」より)

序 章 呼べば応える日本の神々   第一章 大国主神の旅   第二章 山幸彦の旅   第三章 吉備津彦の旅   第四章 倭姫命の旅   第五章 倭建命の旅  終 章 招かれざる神々の来訪
  • ISBN コード : 9784047036895
  • サイズ : 四六判 変形 総ページ数: 280ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 127 × 190 × 15.5 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●神崎 宣武:1944年生まれ。民俗学者。旅の文化研究所所長、岡山県宇佐八幡神社宮司。著書に『酒の日本文化‐知っておきたいお酒の話』『しきたりの日本文化』『「旬」の日本文化』『「おじぎ」の日本文化』(いずれも角川ソフィア文庫)、『「まつり」の食文化』『社をもたない神々』(いずれも角川選書)、『江戸の旅文化』(岩波新書)、『ちちんぷいぷい』(小学館など。共編著に『日本文化事典』(丸善出版)などがある。

数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品