旅する神々

旅する神々

宮本常一に師事し、宇佐八幡神社宮司でもある著者が日本原初の神々を説く
定価: 1,870円(税込み)
発売日:2020年11月27日
「困ったときの神頼み」とはよく言われる言葉だが、じっさい日本の神々は古来、人々の暮らしのなかで「都合よく崇め、招き奉られる(旅する)」存在であった。
大国主神の放浪の旅、山幸彦の海中への旅、吉備津彦命の助っ人の旅、倭姫命の伊勢への旅など、記紀等にあらわれる神々の姿を遡りつつ、連綿と日本の中で受け継がれる「原初」の信仰や神事の姿を掘り起こす。
  • ISBN コード : 9784047036895
  • サイズ : 四六判 変形 総ページ数: 280ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 127 × 190 × 14.5 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●神崎 宣武:1944年、岡山県生まれ。民俗学者。旅の文化研究所所長、岡山県宇佐八幡神社宮司。著書に『酒の日本文化‐知っておきたいお酒の話』『しきたりの日本文化』『「旬」の日本文化』『「おじぎ」の日本文化』角川ソフィア文庫、『「まつり」の食文化』『社をもたない神々』角川選書、『江戸の旅文化』岩波新書、『三三九度‐日本的契約の民俗誌』岩波現代文庫など多数。
販売不可商品
ほしいものリストに追加
最近チェックした商品