もうひとつの空の飛び方 『枕草子』から『ナルニア国』まで

もうひとつの空の飛び方 『枕草子』から『ナルニア国』まで

古典、ナルニア、ジブリまで人気作家が紹介する本好きのためのブックガイド
著者: 荻原 規子
カバーイラスト: 酒井 駒子
定価: 748円(税込み)
発売日:2020年07月16日
大人気シリーズ「RDGレッドデータガール」の著者荻原規子が自らの”ファンタジーのDNA”を育んだ名作を紹介。『赤毛のアン』の日常と『枕草子』の宮廷生活、どちらの描き方にも共通するものとは? 古代中国を思わせる小野不由美の「十二国記」に西洋の児童文学を想起するのはなぜか。実は青春恋愛譚として読める佐藤さとるのコロボックル物語、『だれも知らない小さな国』。六百枚を超えたデビュー作『空色勾玉』のエピソードなど、読書の幸福が溢れるブックガイドとしても読める名エッセイ集。酒井駒子描きおろしのカバーも必見!

  • ISBN コード : 9784041089897
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 240ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 9.2 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●荻原 規子:東京生まれ。早稲田大学卒。『空色勾玉』でデビュー以来、ファンタジー作家として活躍。2006年『風神秘抄』(徳間書店)で小学館児童出版文化賞、産経児童出版文化賞(JR賞)、日本児童文学者協会賞を受賞。著作に「西の良き魔女」シリーズ、「RDGレッドデータガール」シリーズ(KADOKAWA)『あまねく神竜住まう国』(徳間書店)「荻原規子の源氏物語」全7巻(理論社)他多数。

こどものころに読んだ感動  
      
1 ファンタジーの根っこ        
遠い場所遠い国/神話とファンタジー/ホラーより恐い?/感覚タイプのファンタジー/文章を書く

2 アニメと児童文学と         
孤独の問題/読書が似ている(かもしれない)/DWJ打ち上げ会/虫のような小さな人/読書について/長さの壁/成熟したまなざし

3 読書という宇宙           
「橋わたし」の思考/ひらめきと直感/アンの理想と現実/笑う平安貴族/SFのいち押し/象徴の文法/世界の応答

4 ナルニアをめぐる物語        
記憶にないのになつかしい/ウサギたちの小宇宙/ジャングルの尊厳/重さと長さ/ナルニア螺旋

5 私的ファンタジーの書き方
     
文庫版あとがき               


数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品