国旗・国歌・国民 スタジアムの熱狂と沈黙

国旗・国歌・国民 スタジアムの熱狂と沈黙

日本で唯一の「国歌」研究者が、〈スポーツと愛国心〉を徹底解説!
定価: 990円(税込み)
発売日:2020年06月10日
国家のアイデンティティを誇示するシンボルマーク「国旗」とテーマソング「国歌」。そして人類の肉体的・精神的な高みを謳歌するスポーツ。日本で唯一の「国歌」研究者が、豊富な事例を繙きつつ、両者の愛憎の歴史に迫る。


【ある試合が、本当の戦争に発展した!! 日本で唯一の「国歌」研究者が「スポーツと愛国心」を徹底解説!】

◆日本のある行動が、世界のスポーツファンから称賛を浴びた理由とは?

◆オリンピックはいつから国別対抗戦になった? 考案者クーベルタンの目的は「競争」ではなかった!


  • ISBN コード : 9784040823577
  • サイズ : 新書判 総ページ数: 224ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 108 × 173 × 10.4 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●弓狩 匡純:作家・ジャーナリスト。1959年兵庫県生まれ。主著に『平和の栖 広島から続く道の先に』(集英社クリエイティブ)、『社歌』(文藝春秋)、『The Words 世界123賢人が英語で贈るメッセージ』(朝日新聞出版)、『国際理解を深める世界の国歌・国旗大事典』『世界の名言大事典 英語でふれる77人のことば』『平和のバトン 広島の高校生たちが描いた8月6日の記憶』(くもん出版)、『国のうた』『世界の国歌・国旗』(KADOKAWA)などがある。

第一章 国旗・国歌とスポーツとの出合い

国旗はシンボルマーク、国歌はテーマソング/民族色豊かな国旗と国歌/サッカーが代理戦争に/国民に愛される国歌を/心をひとつにする「装置」/薩摩藩軍楽伝習生(サツマ・バンド)/『君が代』の演奏時間は四五秒/近代スポーツとは/ついでに導入された野球/日の丸のデビュー

第二章 愛国心とナショナリズムの狭間で

参加するのは「国」ではない/入場行進でどの国旗を掲げるか/七〇〇年に及ぶ怨念の歌/世界で最も愛されているスポーツ、サッカーの影響力/ベルリン大会の真実

第三章 国のシンボルと国際政治

国威発揚に利用も/統一と正義と自由!/「聖火」の表記が使われたのはベルリン大会以降/国を挙げての戦力強化/史上最悪の惨事/休戦アピール/独立参加選手団/古関裕而の採譜/自主独立の象徴である国歌・国旗

第四章 アスリートと国旗・国歌

国旗を纏ってウイニング・ラン/米国人に突きつけた辛辣なメッセージ/「私は自由」と書かれたタトゥー/民主化のアイコン/NFLのスタジアムが騒然/拳を突き上げ/国の原風景を語る歌詞/「日章旗抹消事件」の顛末/政治亡命を試みるアスリート

第五章 特別儀仗とスポーツイベント

武士道精神に相通じる親善/初代隊長・須摩洋朔/自衛隊とプロレス/絶対にミスが許されない国歌演奏/鳴りを潜めたファンファーレ/日の丸の「紅色」はどんな色?/最も難航したアイルランドの国旗/『星条旗』への強い思い入れ/血を流して勝ち取った独立のシンボル/eスポーツの拡がり


数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品