彼らは世界にはなればなれに立っている

彼らは世界にはなればなれに立っている

この物語は遠い世界のものではない。注目の作家が描く、現代の黙示録。
著者: 太田 愛
定価: 1,870円(税込み)
発売日:2020年10月30日
「この町はとっくにひっくり返っている。みんなが気づいていないだけでな」
〈はじまりの町〉の初等科に通う少年・トゥーレ。ドレスの仕立てを仕事にする母は、「羽虫」と呼ばれる存在だ。誇り高い町の住人たちは、他所から来た人々を羽虫と蔑み、公然と差別している。町に20年ぶりに客船がやってきた日、歓迎の祭りに浮き立つ夜にそれは起こった。トゥーレ一家に向けて浴びせられた悪意。その代償のように引き起こされた「奇跡」。やがてトゥーレの母は誰にも告げずに姿を消した。
消えた母親の謎、町を蝕む悪意の連鎖、そして、迫りくる戦争の足音。
ドラマ「相棒」の人気脚本家が突きつける、現代日本人への予言の書。
  • ISBN コード : 9784041095652
  • サイズ : 四六判 変形 総ページ数: 368ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 132 × 188 × 28.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●太田 愛:香川県生まれ。「相棒」「TRICK2」などの刑事ドラマやサスペンスドラマの脚本を手がけ、2012年、『犯罪者 クリミナル』(上・下)で小説家デビュー。13年には第2作『幻夏』を発表。日本推理作家協会賞(長編及び連作短編集部門)候補になる。17年には上下巻の大作『天上の葦』を発表。高いエンターテインメント性に加え、国家によるメディア統制と権力への忖度の危険性を予見的に描き、大きな話題となった。

数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品