始末屋 池袋てるてる坊主殺人事件

始末屋 池袋てるてる坊主殺人事件

猟奇殺人を巡る、戦慄のホラーサスペンス!
定価: 715円(税込み)
発売日:2020年08月25日
 池袋を震撼させる大学生連続リンチ殺人、通称・てるてる坊主殺人事件。被害者は皆、頭にビニール袋が被された姿で発見される。ジャーナリスト・小柳は被害者たちと怪しげな二人組の繋がりを掴む。――依頼を受けた“もの”を秘密裏に始末するという都市伝説めいた存在、始末屋・バルトアンデルス。異能を持つ盲目の少女・律と、彼女を保護する一見軽薄な男・陽司。謎に包まれた彼らの思惑に、やがて事件は絡め取られていく……。
 「てるてる坊主」姿の遺体、大量の薬物、真犯人の目的とは――。猟奇殺人を巡る戦慄のホラーサスペンス!
  • ISBN コード : 9784049133769
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 304ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 11.4 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●青木 杏樹:『ヘルハウンド 犯罪者プロファイラー・犬飼秀樹』(メディアワークス文庫)にてデビュー。新潟県出身。ベッドの周りは本と雑誌と書きかけの原稿まみれ。
販売不可商品
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品